技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験適性科目 平成29年度 Ⅱ-3

 あなたは,会社で材料発注の責任者をしている。作られている製品の売り上げが好調で,あなた自身もうれしく思っていた。しかしながら,予想を上回る売れ行きの結果,材料の納入が追いつかず,納期に遅れが出てしまう状況が発生した。こうした状況の中,納入業者の一人が,「一部の工程を変えることを許可してもらえるなら,材料をより早くかつ安く納入することができる」との提案をしてきた。この問題を考える上で重要な事項4つをどのような優先順位で考えるべきか。次の優先順位の組合せの中で最も適切なものはどれか。

  優先順位
  1番 2番 3番 4番
納期 原価 品質 安全
安全 原価 品質 納期
安全 品質 納期 原価
品質 納期 安全 原価
品質 安全 原価 納期

 

答え

      ③

解説

 まず、何よりも優先すべきは「安全」です。
 「品質」、「原価」、「納期」はケースによって優先順位が変わりますが、一般に「品質」の維持は重要視されます。
 また、設問のケースでは、「納期」の改善が求められているため、選択肢の中で最も適切なものは、
  ③ 安全>品質>納期>原価
になります。