技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

一次適性

技術士第一次試験適性科目 平成28年度 Ⅱ-15

不当表示や不当景品から一般消費者の利益を保護するための法律が「不当景品獲及び不当表示防止法(以下,「景品表示法」という。)」である。景品表示法では,商品やサービスの品質,規格などの内容について,実際のものや事実に相違して競争事業者のものよ…

技術士第一次試験適性科目 平成28年度 Ⅱ-14

従来の大量生産,大量消費,大量廃棄の社会構造システムが,廃棄物処分場の枯渇,不法投棄などの社会問題を引き起こし,環境への負荷を招いた反省から,天然資源の消費を抑制し環境への負荷の低い循環型社会への転換を目指し廃棄物・リサイクルに関する法律…

技術士第一次試験適性科目 平成28年度 Ⅱ-13

情報通信技術が発達した社会においては,企業や組織が適切な情報セキュリティ対策をとることは当然の責務である。情報セキュリティマネジメントとは,組織が情報を適切に管理し,機密を守るための包括的枠組みを示すもので,情報資産を扱う際の基本方針やそ…

技術士第一次試験適性科目 平成28年度 Ⅱ-12

エンジニアであるA氏は,建設会社であるB社のコンサルタントを務めているがこのところB社はその廃棄物処理慣行に関して地方紙で叩かれている。しかしこの非難の源には,市民側に誤解があり,また論争を喚起するストーリーをその地方紙が切望している事情があ…

技術士第一次試験適性科目 平成28年度 Ⅱ-11

知的財産制度に関する次のア〜エの記述について,正しいものは⭕️,誤っているものは✖️として,最も適切な組合せはどれか。 知的財産基本法では,知的財産権とは「特許権,実用新案権,育成者権,意匠権,著作権,商標権その他の知的財産に関して法令により定…

技術士第一次試験適性科目 平成28年度 Ⅱ-10

問題 近年,国内外で国民経済の一翼を担う産業(自動車,建設,電機等)の名門企業における不正や不祥事が相次いで発覚し,健全な社会経済の発展や消費者の生命,身体,財産,その他の利益の保護に深刻な影響を及ぼしており,社会的に重要な問題として浮上し…

技術士第一次試験適性科目 平成28年度 Ⅱ-9

技術者倫理と法との関わりに関する次のア〜エの記述について,正しいものは⭕️,誤っているものは✖️として,最も適切な組合せはどれか。 技術者倫理では,法を守ることは当然のこととされているが,技術者のような専門職専門的知識を持つ者には,それに加えて…

技術士第一次試験適性科目 平成28年度 Ⅱ-8

ISO31000「リスクマネジメント−原則及び指針」は,2009年11月にリスクマネジメント手法のガイドラインとして発行された。さらに,このISO31000をもとに技術的内容及び構成を変更することなく日本工業規格JIS Q 31010:2012が2012年4月に発行された。 この規格…

技術士第一次試験適性科目 平成28年度 Ⅱ-7

製造物責任法では,製造業者等が引き渡した製造物の欠陥により,他人の生命,身体又は財産を侵害したときは,これによって生じた損害を賠償する責任を,その製造業業者等に負わせることを定めている。この製造物責任法に関する次のア〜エの記述について,正…

技術士第一次試験適性科目 平成28年度 Ⅱ-6

技術者の公衆*に対する説明責任に関する次のア〜エの記述について,正しいものは⭕️,誤っているものは✖️として,最も適切な組合せはどれか。*公衆とは,ここでは技術の利用者,技術の適用により影響を受ける人を意味する。 技術者が関わる建設物,製品など…

技術士第一次試験適性科目 平成28年度 Ⅱ-5

国土交通省は,横浜市のマンションに端を発した基礎ぐい工事の問題発生を受けて有識者による「基礎ぐい工事問題に関する対策委員会」を設置し,2015年12月に中間とりまとめ報告を発表した。その中で建築物の安全性,データ流用等の問題について,5つの論点と…

技術士第一次試験適性科目 平成28年度 Ⅱ-4

研究活動における不正行為は,研究活動とその成果発表の本質に反するものであるという意味において,科学そのものに対する背信行為であり,また,人々の科学への信頼を揺るがし,科学の発展を妨げるものであることから,研究費の多寡や出所の如何を問わず絶…

技術士第一次試験適性科目 平成28年度 Ⅱ-3

現在,多くの技術系の団体や組織が倫理の重要性を認識することで,倫理綱領・倫理規程・行動規範等を作成し,それに準拠した行動をとることを成員に求めている。行動に関する次のア〜オの記述について,現代におけるそうした技術系団体,組織の倫理綱領・倫…

技術士第一次試験適性科目 平成28年度 Ⅱ-2

技術士や技術者の継続的な資質向上のための取組をCPD(Continuing Professional Development)と呼ぶが,次のア〜エの記述について,正しいものは⭕️,誤っているものは✖️として,最も適切な組合せはどれか。 技術者はCPDへの取組を記録し,その内容について…

技術士第一次試験適性科目 平成28年度 Ⅱ-1

技術士及び技術士補は,技術士法第4章(技術士等の義務)の規定の遵守を求められている。次に掲げる記述について,第4章の規定に照らして適切なものの数を選べ。 技術士等は,顧客から受けた業務を誠実に実施する義務を負っている。顧客の指示が如何なるもの…

技術士第一次試験適性科目 平成22年度 Ⅱ-10

問題 製造物責任法(PL法)とは,製品の欠陥によって生命,身体または財産に損害を被ったことを証明した場合,被害者は製造会社などに損害賠償を請求できる法律である。製造業者,消費者がお互い自己責任の考え方を踏まえながら,製品の安全確保に向けて一層…

技術士第一次試験適性科目 平成21年度 Ⅱ-15

問題 技術者倫理ないし工学倫理に関する本をひもといてみると,倫理や道徳についての抽象的な議論ではなく,事例に則して問題点を考察するという手法が多く取り入れられている。これは,事例分析が,技術者倫理の学び方の1つの有力な方法と考えられているか…

技術士第一次試験適性科目 平成21年度 Ⅱ-14

問題 技術者等が業務中,公衆の安全,健康,福利に係る緊急事態を発見した場合の対処方法として,1992年にアメリカ合衆国環境保護庁(EPA:Environmental Protection Agency)が作成した「リスクコミュニケーションの7つの基本ルール」があり,これを下表に…

技術士第一次試験適性科目 平成21年度 Ⅱ-13

問題 日本では「事故のないこと」を安全と考えるが,ISO/IECでは「受け入れ不可能なリスクのないこと」を安全と定義している。 事故原因に危険性,有害性等の調査実施(リスクアセスメント)の不備が取り上げられており,平成18年4月1日より改正労働安全衛生…

技術士第一次試験適性科目 平成21年度 Ⅱ-12

問題 技術者の公衆に対する説明責任に関するア)〜エ)の記述について,正しいものは◯,誤っているものは×として,適切な組合せを①〜⑤の中から選べ。 ア)技術者が関わる建設物,製品などは不特定多数の公衆が使用するものであるので,技術に関する説明は行…

技術士第一次試験適性科目 平成21年度 Ⅱ-11

問題 A氏はビルの設計・施工を請け負う会社で技術者として働いており,ヘルプラインも存在する。あるとき,社内で技術的に問題があり,安全を確保できないまま,設計が進められていることを発見した。そこで上司に,もう一度安全性を確認するように申し出た…

技術士第一次試験適性科目 平成21年度 Ⅱ-10

問題 一昨年来,食品不祥事が社会問題になったが,この不祥事は多くが内部告発によって発覚したと言われている。一連の食品不祥事に関するア)〜エ)の記述について,正しいものは◯,誤っているものは×として,適切な組合せを①〜⑤の中から選べ。 ア)内部告…

技術士第一次試験適性科目 平成21年度 Ⅱ-9

問題 公益のために通報したことを理由とする公益通報者の解雇の無効等並びに公益通報に関し,事業者及び行政機関が取るべき措置を定めた公益通報者保護法が,平成18年4月1日から施行された。 公益通報者保護法に関するア)〜エ)の記述について,正しいもの…

技術士第一次試験適性科目 平成21年度 Ⅱ-8

問題 製造物責任法(平成7年7月1日施行)は,安全で安心できる社会を築く上で大きな意義を有するものである。製造物責任法に関する次の記述のうち,不適切なものを選べ。 選択肢 ① 製造物責任法は,製造物の欠陥により人の命,身体文は財産に関わる被害が生…

技術士第一次試験適性科目 平成21年度 Ⅱ-7

問題 「持続可能な社会(開発)」と言うと,環境ばかりが注目を浴びるが,必要条件の一部に過ぎない。なぜなら,環境に優しい生活を強要しでも,経済的な負荷や極端な不便を強いられれば,持続することが困難だからである。「持続可能な社会(開発)」の定義…

技術士第一次試験適性科目 平成21年度 Ⅱ-6

問題 工学系学協会の倫理規程には,「技術者は,公衆の安全,健康,福利を最優先する」という文言,ないしこれと類似する表現が用いられている。この文言は,もとは全米プロフェッショナル・エンジニア協会(NSPE)によるものであるが,日本の工学系学協会も…

技術士第一次試験適性科目 平成21年度 Ⅱ-5

問題 近年,技術者倫理という言葉が普及してきた。技術者倫理とはどのようなものであろうか。言葉だけをみるなら,「技術者倫理」には「法」という言葉は入っていない。しかし,これは,技術者倫理はそれとは無関係であるということを意味しない。そこで,技…

技術士第一次試験適性科目 平成21年度 Ⅱ-4

問題 技術者が仕事をするうえで注意すべき事項に関するア)〜エ)の記述について,正しいものは◯,誤っているものは×として,適切な組合せを①〜⑤の中から選べ。 ア)他社を含め過去の失敗や事故がなかったからということで慢心しないことが重要である。イ)…

技術士第一次試験適性科目 平成21年度 Ⅱ-3

問題 技術士及び技術士補が適用を受ける技術土法に関するア)〜エ)の記述について,正しいものは◯,誤っているものは×として,適切な組合せを①〜⑤の中から選べ。なお,文中の「技術士等」とは,技術士及び技術士補を指す。 ア)企業に属している技術士等は…

技術士第一次試験適性科目 平成21年度 Ⅱ-2

問題 次に掲げる技術士法第四章において, ア 〜 キ に入る語句の組合せとして,適切なものを①〜⑤の中から選べ。 《技術士法第四章技術士等の義務》(信用失墜行為の禁止)第44条 技術土又は技術土補は,技術士若しくは技術士補の信用を傷つけ,又は技術士及…

技術士第一次試験適性科目 平成21年度 Ⅱ-1

問題 次の技術士第一次試験適性科目に関する次の記述の ア 〜 ウ に入る語句の組合せとして,適切なものを①〜⑤の中から選べ。 適性科目試験の目的は,法及び倫理という ア を遵守する適性を測ることにある。技術士第一次試験の適性科目は,技術士法施行規則…

技術士第一次試験適性科目 平成22年度 Ⅱ-15

問題 最近の事故や事件に関する次の記述のうち,不適切なものを選べ。 選択肢 ① 2007年6月渋谷の温泉施設で爆発事故があった。汲み上げた温泉水に混じったメタンガスが,施設内に漏れて充満したことが原因である。施設管理会社が,業務上の注意義務を怠った…

技術士第一次試験適性科目 平成22年度 Ⅱ-14

問題 倫理的ジレンマなどの倫理的問題に直面した場合,技術者としてどのように行動すればよいのだろうか。 倫理的問題には,科学でいう正解と同じ意味で,唯一絶対の正解があるわけではない。したがって,技術者として意思決定を下す場合も,数学の解法のよ…

技術士第一次試験適性科目 平成22年度 Ⅱ-13

問題 社会が高度化すると潜在するリスクは大きくなる。リスクが増大すれば,これまでのように経営や現場の管理技術を改善していくだけでは対応できなくなってきており,より安全な社会実現のために,リスクマネジメントが重要になってきた。 リスクマネジメ…

技術士第一次試験適性科目 平成22年度 Ⅱ-12

問題 文部科学省・科学技術学術審議会は,研究活動の不正行為に関する特別委員会による,研究活動の不正行為に関するガイドラインをまとめ,2006年(平成18年)に公表した。担造,改ざん,盗用(ひょうせつ(剽窃)ともいう。)は,それぞれ英語ではFabricat…

技術士第一次試験適性科目 平成22年度 Ⅱ-11

問題 職場におけるセクシャル・ハラスメント(以下「セクハラ」という。)は,労働者の個人としての尊厳を不当に傷つけるとともに,労働者の就業環境を悪化させ,能力の発樺を妨げ,また,企業にとっても,職場秩序や業務の遂行を阻害し,社会的評価に影響を…

技術士第一次試験適性科目 平成22年度 Ⅱ-9

問題 近年,IT化(情報技術Information Technology)の進展に伴い,コンピュータやネットワークを利用して大量の個人情報が処理されている。こうした個人情報の取扱いは,今後ますます拡大していくと予想され,個人情報は,その性質上いったん誤った取扱いを…

技術士第一次試験適性科目 平成22年度 Ⅱ-8

問題 組織に属するものは,組織から求められる行動と自らの倫理観が食い違って悩むことがある。有名な事例として,米国で1986年1月27日に起こったスペースシャトル・チャレンジャー号の爆発墜落事故がある。スペースシャトルの部品を供給する会社の技術者は…

技術士第一次試験適性科目 平成22年度 Ⅱ-7

問題 ものづくりに携わる技術者にとって,知的財産を理解することは非常に大事なことである。知的財産の特徴のっとして,「もの」とは異なり「財産的価値を有する情報」であることが挙げられる。情報は,容易に模倣されるという特質をもっており,しかも利用…

技術士第一次試験適性科目 平成22年度 Ⅱ-6

問題 次のア)〜エ)の記述について,正しいものは◯,誤っているものは×として,適切な組合せを①〜⑤の中から選べ。 ア)倫理は,人々が自主的に遵守するよう期待されるものでありコミュニティで育ち共有される。たとえばA学会の倫理規程は,優れた内容であっ…

技術士第一次試験適性科目 平成22年度 Ⅱ-5

問題 多くの学協会が,会員や学協会自身が倫理的であるために,倫理綱領,倫理規程,行動規範などを定め,公開している。そこに掲げられている共通的な事項には,例えば次のようなものがある。 *人類の安全・健康・福利の重視*事実に基づく,客観的な判断…

技術士第一次試験適性科目 平成22年度 Ⅱ-4

問題 事故や不祥事が起きると技術者の責任が問われるが,技術者に関する次の記述のうち,不適切なものを選べ。 選択肢 ① 技術者は専門知識レベルの教育と実務経験を有しており,社会の安全・健康・福利に対して大きな責任がある。 ② 技術者は多くの場合組織…

技術士第一次試験適性科目 平成22年度 Ⅱ-3

問題 製品の安全性について,次の記述のうち,不適切なものを選べ。 選択肢 ① 事業者にとって,消費者に安全な製品を供給することは基本的な責務である。しかし,最近の技術進歩を踏まえた周到な製品安全管理を行っても,製品事故等の発生を完全にゼロにする…

技術士第一次試験適性科目 平成22年度 Ⅱ-2

問題 技術者が考え,行動するうえで注意すべきことについて,次の記述のうち,不適切なものを選べ。 選択肢 ① 技術者は,現在所属している集団の内部規範に従いその集団に忠実であることが常に優先される。 ② 専門家としては,「何がわかっていて,何がわか…

技術士第一次試験適性科目 平成22年度 Ⅱ-1

問題 技術士等が求められている義務・責務に関わるア)〜エ)の記述について,正しいものは◯,誤っているものは×として,適切な組合せを①〜⑤の中から選べ。なお,文中の「技術士等」とは,技術士及び技術士補を指す。 ア)技術士は,業務の実施にあたっては…

技術士第一次試験適性科目 平成23年度 Ⅱ-15

問題 技術者は,さまざまな場面で市民や子孫に対して説明責任を果たす役割を要求されている。公共事業では,従来,技術仕様基準を基礎として判断プロセスを画一化して「科学的」判断を行い,関係者を「説得」するという手法が用いられてきたが,価値観が多様…

技術士第一次試験適性科目 平成23年度 Ⅱ-14

問題 環境保全に関する次の記述のうち,不適切なものを選べ。 選択肢 ① ゼロエミッション(Zero Emission Concept)とは,狭義には,生産活動から出る廃棄物のうち最終処分する量をゼロにすることを示す。国内では,環境管理の国際規格ISO14000の普及や埋め…

技術士第一次試験適性科目 平成23年度 Ⅱ-13

問題 次のア)〜オ)の記述について,正しいものは◯,誤っているものは×として,適切な組合せを①〜⑤の中から選べ。 ア)高度専門職業人とは,社会経済の各分野において指導的役割を果たすとともに,国際的にも活躍できるような高度な専門能力を有する人材の…

技術士第一次試験適性科目 平成23年度 Ⅱ-12

問題 リスクの客観的な評価を完壁に行うことは原理上不可能とはいえ,現在考案されているさまざまな手法を用いである程度まで合理的に行うことはできるし,その努力を怠るべきではない。しかしその一方で,そのようにして得られた分析結果を専門家でない一般…

技術士第一次試験適性科目 平成23年度 Ⅱ-11

問題 2010年11月に,組織の社会的責任(SR:Social Responsibility)に関する国際規格(ISO26000)が,国際標準化機構(ISO)から発行された。この規格の制定には,世界の多くの国々や組織が参加した。規格最終草案の承認を求めて行われた投票には,77のISO加…