技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

実践編

QC検定3級問題 品質マネジメントシステム①

問題 ISO 9001(品質マネジメントシステム)の運用に関する文章で正しいものには⭕️、正しくないものには✖️を選べ。 マネジメントレビューは、あらかじめ定められた間隔で実施されなければならない。 (1) 指導をしてもらっている外部のコンサルタントを管理…

QC検定3級問題 人材育成①

問題 次の文章において、 内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。 企業における人材育成活動は重要なテーマである。企業における人材育成の本質は、組織を構成する一人ひとりが組織の一員とし…

QC検定3級問題 小集団活動②

問題 次の文章において、 内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。 ある事業所では、QCサークル活動を導入してから年月が経ち、マンネリ化や形式化が目立つようになった。現状について、事業所…

QC検定3級問題 小集団活動①

問題 QCサークル活動(小集団活動)に関する次の文章で正しいものには⭕️、正しくないものには✖️を選べ QCサークル活動は、経営方針達成のための業務に直結した活動であるので、明るい職場づくりは目指していない。 (1) QCサークル活動は、人材育成などを通…

QC検定3級問題 標準化①

問題 標準化に関する次の文章において、 内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。 ある組織では、顧客や社会のニーズを満たす製品を提供していくための基礎として、標準の遵守を重視して日常業…

QC検定3級問題 日常管理②

問題 次の文章は日常管理を効果的に進めるための手順の一例を示したものである。 内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。 それぞれの部門の (1) が何であるかを確認する。特にいかなる (2…

QC検定3級問題 日常管理①

問題 日常管理に関する次の文章において、 内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。 日常管理は、組織のそれぞれの部門において、日常的に実施しなければならない全ての (1) を対象とする。…

QC検定3級問題 方針管理②

問題 方針管理に関する次の文章で正しいものには⭕️、正しくないものには✖️を選べ。 方針管理は業績を左右する売上げや利益の向上に関する重点課題を対象にするので、環境面や安全面に関する重点課題を取り上げないほうが組織の持続的な成功が達成できる。 (…

QC検定3級問題 方針管理①

問題 方針管理に関する次の文章で正しいものには⭕️、正しくないものには✖️を選べ。 方針管理は、企業における製品またはサービスの開発や、品質をはじめとする競争力の維持改善活動や、企業体質の改善などを効果的に推進するために運営される。 (1) 方針管…

QC検定3級問題 プロセス保証②

問題 次の①〜③の各ケースについて、検査の種類を実施段階および実施方法により分類したい。 内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。 ケース① 電子デバイス製造課のAさんは、自動検査装置によ…

QC検定3級問題 プロセス保証①

問題 工程管理に関する次の文章において、 内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。 工程を改善するには、まず何が正常で何が異常なのかを区別しなければならない。このため、作業者が判断でき…

QC検定3級問題 新製品開発①

問題 〜作成中〜 次の文章において、 内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。 XXX (1) XXX 選択肢 XXX XXX XXX XXX XXX XXX XXX XXX XXX XXX // 解答 (1) (2) (3) (4) (5) XXX XX…

QC検定3級問題 管理の方法③

問題 次の文章において、 内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。 私たちの組立てラインでは、工場方針の“100%適合品づくり”を推進するために、QCサークルで下記のテーマに取り組むことにした…

QC検定3級問題 管理の方法②

問題 次の文章において、 内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。 製品の品質を継続的に向上させるためには、まず現状の品質水準が規定された範囲内にあるようにするための (1) 活動、そし…

QC検定3級問題 管理の方法①

問題 QCストーリーに関して、次の に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。 QCストーリーは次の手順で実施されるのが一般的である。 テーマの選定 (1) と目標の設定 活動計画の作成 (2) (3…

QC検定3級問題 品質の概念①

問題 品質に関する次の文章で正しいものには⭕️、正しくないものには✖️を選べ。 車の乗り心地など、人間の感覚によって定性的に評価するものも品質特性である。 (1) 車のボディのキズなど、非連続量で評価するものは品質特性でない。 (2) 客観的に計測で…

QC検定3級問題 品質管理の基本④

問題 QC的ものの見方・考え方に関する次の文章において、 内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。 仕事を進めていくうえで、結果だけを追うのではなく、結果を生み出す仕組みややり方に着目し…

QC検定3級問題 品質管理の基本③

問題 次の文章において、 内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。 企業にとって問題発生の防止は重要な課題といえる。その対処方法には是正処置と予防処置の二つの方法があるが、それぞれにつ…

QC検定3級問題 品質管理の基本②

問題 次の文章において、 内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。 問題が発生したとき、原因がわからない、原因はわかっているが現状では対応できないなど、このような異常に対して、これ以上…

QC検定3級問題 品質管理の基本①

問題 次の文章において、 内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。 職場の中には解決すべき課題は数多くある。その解決すべきすべての課題を、有限な経営資源(人材・時間・費用・技術等)で解…

QC検定ナビ

テキスト|4級|3級|2級|1級 QC検定とは 品質管理検定(QC検定)は、品質管理に関する知識をどの程度持っているかを全国で筆記試験を行って客観的に評価を行うものです。日本品質管理学会の認定を受け、日本規格協会、日本科学技術連盟の主催により、200…