読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

情報工学部門の技術士が、IT技術動向、資格対策等を、勝手気ままに語ります。

技術士第二次試験選択科目 平成28年度 Ⅲ-2

問題 Iー2 サイバー攻撃に関するビジネスリスクが増大している。サイバーセキュリティは多 くの企業にとって経営課題の1つであり、経営幹部もサイバーセキュリティに関心を持ち。 積極的にそれを推進することが求められている。 A社は社員1,000名、年間売上5…

技術士第二次試験選択科目 平成28年度 Ⅲ-1

問題 III — 1 IoT (Internet of Things) jt, ès. È è Ë 7È SE V Ž)À Ms M 37 -->k y N JÄš#JË Kó - により、データの可視化、モノの制御、あるいは新しいサービスの提供を可能にする、と 期待されている。IoTに関連して以下の問いに答えよ。 (1) 家庭内に設…

技術士第二次試験選択科目 平成28年度 Ⅱ-2

問題 Iー2 次の2設問 (Iー2ー1、Iー2ー2) のうち1設問を選び解答せよ。(解答設問 番号を明記し、答案用紙2枚以内にまとめよ。) Iー2ー1 ブロックチェーンは、ビットコインなどの仮想通貨を実現する技術として注 目され、金融業界をはじめとして市場でもさま…

技術士第二次試験選択科目 平成28年度 Ⅱ-1

問題 Iー1 次の4設問 (Iー1ー1〜Iー1ー4) のうち2設問を選び解答せよ。(設問ごと に答案用紙を替えて解答設問番号を明記し、それぞれ1枚以内にまとめよ。) II - 1 - 1 VXLAN (Virtual eXtensible Local Area Network, RFC 7348) .. 1 JJSZYJYYJZYYJSJJYYJS L…

技術士第二次試験選択科目 平成28年度 Ⅲ-2

問題 Iー2 緊急時の通報システム (以下、通報システム) を構築した。通報に対処する要員の リソースが不足しているため効率化が必要であることと、対応品質を確保するため、電話 をかけると5パターンの質問でふるい分けをするようにした。電話のボタン番号や…

技術士第二次試験選択科目 平成28年度 Ⅲ-1

問題 I 次の2問題(Iー1、Iー2) のうち1問題を選び解答せよ。(解答問題番号を明記し, 答案用紙3枚以内にまとめよ。) Iー1 ある調査によると、米国では実に8割の会社がBYODを採用しているのに対して。 日本では2割にとどまっているという報告がある。あなたの…

技術士第二次試験選択科目 平成28年度 Ⅱ-2

問題 Iー2 次の2設問 (Iー2ー1、Iー2ー2) のうち1設問を選び解答せよ。(解答設問 番号を明記し、答案用紙2枚以内にまとめよ。) Iー2ー1 仮想通貨を扱う情報システムについて下記の問いに解答せよ。ただし、 2014年、欧州銀行監督局は仮想通貨を「デジタルな…

技術士第二次試験選択科目 平成28年度 Ⅱ-1

問題 I 次の2問題(Iー1、Iー2) について解答せよ。(問題ごとに答案用紙を替えること。) Iー1 次の4設問 (Iー1ー1〜Iー1ー4) のうち2設問を選び解答せよ。(設問ごと に答案用紙を替えて解答設問番号を明記し、それぞれ1枚以内にまとめよ。) II — 1 — 1 AR (Au…

技術士第二次試験選択科目 平成28年度 Ⅲ-2

問題 イクルを起こす可能性がある。以下の問いに答えよ。 (1) IoTには、業種横断的な生産・販売分野および、モビリティ、へルスケア、エネルギ ー、行政のインフラ等の分野がある。2つの分野を取り上げ、具体的内容と及ぼす影響 を述べよ。 (2) ビジネスモデ…

技術士第二次試験選択科目 平成28年度 Ⅲ-1

問題 I 次の2問題 (Iー1、Iー2) のうち1問題を選び解答せよ。(解答問題番号を明記し。 答案用紙3枚以内にまとめよ。) Iー1 近年、アジャイル開発が広まっているが、その利用について以下の問いに答えよ。 (1) アジャイル開発の特徴について、技術面、運用・…

技術士第二次試験選択科目 平成28年度 Ⅱ-2

問題 Iー2 次の2設問 (Iー2ー1、Iー2ー2) のうち1設問を選び解答せよ。(解答設問 番号を明記し、答案用紙2枚以内にまとめよ。) Iー2ー1 要求を定義するプロセスには、要求獲得、要求仕様化、要求検証、要求管理 のプロセスがある。これらのプロセスで利用す…

技術士第二次試験選択科目 平成28年度 Ⅱ-1

問題 I 次の2問題(Iー1、Iー2) について解答せよ。(問題ごとに答案用紙を替えること。) Iー1 次の4設問 (Iー1ー1〜Iー1ー4) のうち2設問を選び解答せよ。(設問ごと に答案用紙を替えて解答設問番号を明記し、それぞれ、1枚以内にまとめよ。) Iー1ー1 要求に…

技術士第二次試験選択科目 平成28年度 Ⅲ-2

問題 Iー2 組込みシステムの大規模化や複雑化に対応するため、システム開発の上流工程の分 析、設計、検証について技術導入による改善を図りたいと考えている。この事案について 以下の項目について記述せよ。 (1) 組込みシステムの大規模化や複雑化に伴う。…

技術士第二次試験選択科目 平成28年度 Ⅲ-1

問題 I 次の2問題 (Iー1、Iー2) のうち1問題を選び解答せよ。(解答問題番号を明記し。 各案用紙3枚以内にまとめよ。) LLL S SYJYYJJJYzYJJJJJYJJS LLL SLLLLLLLL LLLLLL GLLLLLLLSSSYYJYY するケースが増えている。しかし我が国は、地形や四季が変化に富んで…

技術士第二次試験選択科目 平成28年度 Ⅱ-2

問題 Iー2 次の2設問 (Iー2ー1、Iー2ー2) のうち1設問を選び解答せよ。(解答設問 番号を明記し、答案用紙2枚以内にまとめよ。) Iー2ー1 作業ロボットとかパワードスーツなどのファームウェア開発において、「機 能安全」に沿った設計を導入する場合を想定し…

技術士第二次試験選択科目 平成28年度 Ⅱ-1

問題 I 次の2問題 (Iー1、Iー2) について解答せよ。(問題ごとに答案用紙を替えること。) Iー1 次の4設問 (Iー1ー1〜Iー1ー4) のうち2設問を選び解答せよ。(設問ごと に答案用紙を替えて解答設問番号を明記し、それぞれ1枚以内にまとめよ。) Iー1 ー 1 組込み…

技術士第二次試験選択科目 平成25年度 Ⅲ-2

問題 2011年2月にIPバージョン4アドレスの中央在庫が無くなり,アジア太平洋地区に割り当てられたIPバージョン4アドレスも同年の7月に無くなった。こうした社会状況を考慮して,以下の問いに答えよ。 (1)IPバージョン4にしか対応できない現状の機器を活用…

技術士第二次試験選択科目 平成25年度 Ⅲ-1

問題 インターネット上での人々の活動やスマートフォンなどの様々なセンサから生み出される情報を活用し,分析した結果から様々な有益な情報を抽出する仕組みとしてビッグデータが注目されている。しかし,この中には個人の行動履歴を含むプライバシー情報が…

技術士第二次試験選択科目 平成25年度 Ⅱ-2

問題 ノートPCやタブレット端末などをスマトフォン経由でインタネットに接続するテザリングの利用が増加している。ユザ側から見ると,テザリングは1台のスマトフォンについてテザリングの利用契約を結ぶだけで,スマトフォン以外の複数の端末でインタネット…

技術士第二次試験選択科目 平成25年度 Ⅱ-1

問題 POP3(PostOfficeProtocolVersion3)プロトコルの認証におけるセキュリティ上の懸念点を挙げ,それを改善する技術について説明せよ。 マルチキャスト通信及び、エニキャスト通信の特徴と用途についてユニキャスト通信と比較して説明せよ。 IoT(Interneto…

技術士第二次試験選択科目 平成26年度 Ⅲ-2

問題 A社のソフトウェア開発事業部では,A社の社員50名と協力会社の社員200名が協力し合ってソフトウェアの開発を行っている。これまで,協力会社の社員はA社に派遣され同一ビルに座席を用意し作業を行っていた。セキュリティ上の問題等を解決するとともに業…

技術士第二次試験選択科目 平成26年度 Ⅲ-1

問題 コンピュータリソースやネットワークリソースを仮想化することで,高いスケーラビリティと信頼性を経済的に実現するネットワーク仮想化技術が注目されている。このネットワーク仮想化技術について以下の問いに答えよ。 (1)代表的なネットワーク仮想化…

技術士第二次試験選択科目 平成26年度 Ⅱ-2

問題 始業直後に開発部門の複数の社員からシステム管理者に対して社内ネットワーク内での通信が遅いという問合せが寄せられた。調査したところ,開発部門内に設置されているファイルサーバの通信量が早朝より急増しており,スイッチのログにはそのサバが本来…

技術士第二次試験選択科目 平成26年度 Ⅱ-1

問題 現在策定が進められているHTML(HyperTextMarkupLanguage)の新しい規格HTML5について,策定の背景や経緯を踏まえてその機能と特徴を説明せよ。 DTN(DelayTolerantNetwork)の特徴と想定される用途について,従来のTCP/IP技術と比較して説明せよ。 攻撃…

技術士第二次試験選択科目 平成27年度 Ⅲ-2

問題 A社ではサイバー攻撃や情報漏洩等の情報セキュリティインシデントの調査を少なくとも1年前まで遡って行えるようにするために,社内ネットワークとインタネットとの聞の通信に関するログを適切に記録・保管することになった。プロキシサバ及び、ファイア…

技術士第二次試験選択科目 平成27年度 Ⅲ-1

問題 A社は全国に拠点を持つ中堅企業である。A社の情報システムは本社内のサーバ室に設置された200台の物理サーバで稼働し,その保守と運用は本社の情報システム部が担当している。事業継続性の確保,サバ設備の老朽化,情報システム部員の高齢化などの課題…

技術士第二次試験選択科目 平成27年度 Ⅱ-2

問題 ネットワークに接続された機器開で行われる通信を意味するM2M(MachinetoMachine)は様々な分野での利用が期待されている。これについて以下の問いに答えよ。(1)M2Mで発生するトラフィックの特徴を説明し,M2Mのトラフィックを運ぶネットワーク側で技…

技術士第二次試験選択科目 平成27年度 Ⅱ-1

問題 ホームページが改ざんされたため,その手口を調べたところ,HTTPPUTメソッドを悪用した手法であることが判明したD改ざんの手法を具体的に説明し,再発防止のための対策を述べよ。 IPバージョン6のヘッダフォーマットの特徴をIPパジョン4と比較して解説…

技術士第二次試験選択科目 平成25年度 Ⅲ-2

問題 社会保障・税番号制度(通称マイナンバ制度)の導入が2013年3月1日に閣議決定され,2016年1月の運用開始を予定している。国民に番号などのIDを決める制度は行政の効率化,電子化の促進などの目的で各国が推進しているが,その際に個人情報の保護への配…

技術士第二次試験選択科目 平成25年度 Ⅲ-1

問題 タブレット型端末の技術や高速ネットワーク技術の発展とともに,個人がいつで、もどこでも情報にアクセスできる環境が進んでいる。このような中,企業の情報システム活用において個人使用の端末の配布をせずに,各個人所有の端末を利用して企業の情報シ…

技術士第二次試験選択科目 平成25年度 Ⅱ-2

問題 ウェプアプリケション開発時のテストは,従来のクライアント・サバーシステムに比べると難易度が高くなっている。テストの品質がウェブアプリケションの完成度を左右することすらあるため,戦略的に(漏れなく,効率よく,計画的に)テストを実施するこ…

技術士第二次試験選択科目 平成25年度 Ⅱ-1

問題 RIA(RichInternetApplication)に関して,従来のウェブコンテンツとの違い,実現する技術,デメリットについて述べよ。 ユザエクスベリエンス(UX)を説明し,uxを重視した情報システムの開発の設計時に必要な要素(項目)について述べよ。 データベス…

技術士第二次試験選択科目 平成26年度 Ⅲ-4

問題 インタネットの普及などにより,企業で抱える社内の情報システムにおいてもクラウド利用が浸透してきている。しかし,実際に社内システムをクラウド化し,移行する場合には,検討すべき事項,クリアすべき技術的課題は必ずでてくる。そこで,社内システ…

技術士第二次試験選択科目 平成26年度 Ⅲ-1

問題 企業の合併や経営統合などに伴い,また,1企業内でも事業部門の統合などにより,各企業が運用していた複数の情報システムの統合が行われる事例が多く報告されている。そこで,情報システムの統合に関して,以下の問いに答えよ。 (1)情報システムの統…

技術士第二次試験選択科目 平成26年度 Ⅱ-2

問題 下記「オフィスビル向けの入退室管理システムについて」の説明を読み,以下の問いに答えよ。「オフィスピルの入退室管理システムについて」 オフィスビルには,複数のテナントが入っており,各テナントは,共通の入退出管理システムを利用している。オ…

技術士第二次試験選択科目 平成26年度 Ⅱ-1

問題 リーンソフトウェア開発について,アジャイル開発と関連付けて説明せよ。 CSS(CascadingStyleSheets)について,HTMLとの関わりから説明せよ。 リレショナルデータベスシステムの提供する機能の1つであるビューの目的について,正規化の促進の観点から…

技術士第二次試験選択科目 平成27年度 Ⅲ-2

問題 従来のディスプレイモニタで表示してきた情報システムサビスを,タッチパネルやスマトフォン,タブレット端末など複数の端末でも提供することが当たり前になった。一方で,開発コストの低減や生産性の向上,UI(ユザインタフェイス)やサビスの保持,多…

技術士第二次試験選択科目 平成27年度 Ⅲ-1

問題 次の<資料>は,平成26年9月に高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部が公表した資料「自治体オプンデータ推進ガイドライン(仮称)の策定に向けて」の要約である。これを読んで以下の問い(1)〜(3)に答えよ。 <資料>(句読点,漢字等の使い方…

技術士第二次試験選択科目 平成27年度 Ⅱ-2

問題 ビッグバン的アプローチによるERPパッケジを導入して,従来の基幹システムを置き換える事例が増えている。この業務を担当するに当たって下記の内容について記述せよ。ただし,ERPパッケジは,大規模とは限らず,中小規模でも対応可能とする。(1)段階…

技術士第二次試験選択科目 平成27年度 Ⅱ-1

問題 機械学習について,データマイニングと対比して述べよ。 ハイブリッドクラウドについて,利用者の視点で述べよ。 NoSQLの特徴について,リレショナルデータベスと対比して述べよ。 分散型DoS攻撃(DDoS)について,DoS攻撃との違いを説明し,その被害の…

技術士第二次試験選択科目 平成25年度 Ⅲ-2

問題 レガシシステムをクラウド等の新しいプラットフォムに移行する業務が増えてきている。これらの状況を踏まえて,以下の問いに答えよ。 (1)レガシシステムの移行において検討すべき事項を多面的に検討し,3項目を挙げ,それぞれについて説明せよ。 (2…

技術士第二次試験選択科目 平成25年度 Ⅲ-1

問題 ソフトウェア開発においては,開発成果物の管理(構成管理等)が重要であるが,その実践には多くの課題がある。近年の開発プロセス,開発環境,開発技術の変化や進歩を踏まえ,以下の問いに答えよ。 (1)開発成果物の管理(構成管理等)において検討す…

技術士第二次試験選択科目 平成25年度 Ⅱ-2

問題 ソフトウェアに対しては様々なステクホルダ(そのソフトウェアに関わる利害関係者)が様々な関心事を持っているため,ソフトウェア開発においては,それらを適切に定義し確認しなければならない。あなたが担当責任者としてソフトウェアの開発を行う状況…

技術士第二次試験選択科目 平成25年度 Ⅱ-1

問題 要求定義では,ユスケス図で定義された個々のユスケスに対してユスケス記述を作成する。ユスケス記述において典型的に記述される以下の項目それぞれについて,その概要を述べるとともに,ユスケス記述のソフトウェア開発における位置づけを踏まえ,記述…

技術士第二次試験選択科目 平成26年度 Ⅲ-2

問題 ソフトウェア開発において再利用の有効性が認識されているが,実際に効果的な再利用を行うには様々な課題が考えられる。自社で開発を行い,サドパティに開発の一部を委託している状況でのソフトウェア再利用の導入を想定し,以下の問いに答えよ。 (1)…

技術士第二次試験選択科目 平成26年度 Ⅲ-1

問題 ソフトウェアプロジェクトを成功させるためのプロセス改善に関する以下の問いに答えよ。 (1)ソフトウェア能力成熟度(SW一CMM:SoftwareCapabilityMaturityModel)のレベル2(反復可能)の開発組織とレベル3(定義された)の開発組織との差異を説明せよ…

技術士第二次試験選択科目 平成26年度 Ⅱ-2

問題 レガシシステムと呼ばれる汎用機で稼働しているシステムが現存する。このシステムを新しく開発されるシステムに組み込むためにレガシシステムをコンポネント化して新しいシステムからサビスを呼び出せるようにする,などの対策を考えることができる。コ…

技術士第二次試験選択科目 平成26年度 Ⅱ-1

問題 要求獲得では,要求分析者が要求者にインタピ、ューを行うことが多い。半構造化インタビューの概要を説明し,それを要求獲得に適用する際の技術的留意点を,長所と短所に則して述べよ。 ソフトウェアの設計では,モジュールの機能独立性を高める工夫が…

技術士第二次試験選択科目 平成27年度 Ⅲ-2

問題 組込みソフトウェアは,日本の製造業の中枢技術である。日本の産業競争力強化に向け,開発を取り巻く状況の変化に対し,組込みソフトウェアの開発において取り組むべき課題,課題に対する解決策について,企業の視点から,以下の問いに答えよ。 (1)課…

技術士第二次試験選択科目 平成27年度 Ⅲ-1

問題 近年クラウドサービスを利用した情報システムの実現が広がっているが,その利用について以下の問いに答えよ。 (1)クラウドサービスの利点について,技術面,運用面からそれぞれ説明せよ。 (2)クラウドサービスを利用する際の課題と課題の要因につい…