読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

情報工学部門の技術士が、IT技術動向、資格対策等を、勝手気ままに語ります。

技術士第一次試験基礎科目 平成21年度 Ⅰ-2-3

問題

基数変換に関する次の記述の ア  ウ に入る数値の組合せとして,正しいものを①〜⑤の中から選べ。

10進数の0.8を小数部4桁の2進数で、表せば ア となる(小数部5桁目以降は切り捨て)。この ア を0.5倍した結果は イ となる。これを10進数に変換すると ウ となる。

選択肢

 
0.1010 0.0110 0.4
0.1010 0.0101 0.375
0.1100 0.0101 0.4
0.1100 0.0110 0.4
0.1100 0.0110 0.375

 

答え

 ⑤

解説

2進数の0.1、0.01、0.001、0.0001は、10進数に置き換えると0.5、0.25、0.125、0.0625になります。0.8を超えないように、足していくと0.5、0.25までが有効となります。したがって小数点以下4桁目まで(以降切り捨て)であれば、0.1100となります。
2進数の0.5(1/2)倍は10進数の0.1(1/10)倍と同様に考えられます。つまり桁を一つ下げることになります。よって0.0110となります。
アの場合と逆に考えると、0.0110は、0.25+0.125=0.375 となります。