読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

情報工学部門の技術士が、IT技術動向、資格対策等を、勝手気ままに語ります。

技術士第一次試験基礎科目 平成22年度 Ⅰ-1-4

技術士試験 一次試験 基礎科目

問題

地震時の構造物及び建物の安全性に関する次の記述のうち,最も不適切なものを選べ。

選択肢

建物に免震支承や減衰装置を設置することで,建物の被害を軽減できる。
既設鉄筋コンクリート柱の耐震性は,鋼板や繊維シートを巻きつけて密着させることで向上する。
柔らかい地盤では地震動が増幅し,建物の被害が増大することがある。
兵庫県南部地震の被災事例から,曲げ破壊をせん断破壊より先に生じさせないようにすることは,鉄筋コンクリート柱の耐震性を高めるとされている。
建物における筋かいの設置は,耐震補強の一つの方法である。

 

答え

 ④

解説

適切です。
適切です。
適切です。
せん断破壊より曲げ破壊を先に生じさせないようにすべきであるため、不適切です。
適切です。