読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

技術士第一次試験基礎科目 平成22年度 Ⅰ-2-3

問題

100から999までの900個の整数のうち素数3と5と7のいずれの倍数でもない整数の個数として,正しいものを①〜⑤の中から選べ。なお,3と5と7に関する倍数の個数は次のとおりである。

3の倍数300個
5の倍数180個
7の倍数128個
15の倍数(3と5の公倍数)60個
21の倍数(3と7の公倍数)43個
35の倍数(5と7の公倍数)26個
105の倍数(3と5と7の公倍数)9個

選択肢

129個
154個
412個
488個
746個

 

答え

 ③

解説

総数から素数3と5と7のいずれかの倍数を減じるように計算すると、
900-(300+180+128)-{(60+43+26)-9}=412 となります。