読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

技術士第一次試験基礎科目 平成23年度 Ⅰ-1-4

問題

大画面薄型テレビの新製品を発売しようとしているA社とB社は共に,その定価の設定に悩んでいる。下表のように,あるコンサルタントは定価と売上高の相関を利得表として報告している。この表は,A社が60万円,B社が60万円を定価として設定すると,A社の売上高は12億円,B社の売上高は13億円となることを示している。この表に従うと,A社もB社も他社が設定する定価を予想して,自社の売上高を最大にする定価を設定することができる。A社とB社が共に売上高の最大化を目指し,他社の定価設定に対して各社が独自に設定する最適な自社の定価の組合せはどれか。

f:id:honmurapeo:20160524205746p:plain

選択肢

A社の定価:60万円,B社の定価:60万円
A社の定価:60万円,B社の定価:65万円
A社の定価:65万円,B社の定価:60万円
A社の定価:65万円,B社の定価:65万円
定価の組合せは決まらない。

 

答え

 ①

解説