読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

情報工学部門の技術士が、IT技術動向、資格対策等を、勝手気ままに語ります。

技術士第一次試験基礎科目 平成23年度 Ⅰ-3-1

技術士試験 一次試験 基礎科目

問題

有限要素法による線形弾性平面歪み解析で用いられる,一般的なアイソパラメトリック4節点四辺形要素に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

選択肢

応力値は,隣接要素との共通辺を横切るとき不連続となる。
応力値は,要素内で一定である。
一般に,解析精度は,要素形状に依存する。
変位は,要素形状によらず隣接要素との共通辺上で連続となる。
一般に,解析精度は,要素分割の細かさに依存する。

 

答え

 ②

解説

正しいです。
要素内で一定ではないため、誤りです。
正しいです。
正しいです。
正しいです。