読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

情報工学部門の技術士が、IT技術動向、資格対策等を、勝手気ままに語ります。

技術士第一次試験基礎科目 平成24年度 Ⅰ-4-4

技術士試験 一次試験 基礎科目

問題

材料の熱伝導に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

選択肢

高純度の金属においては,熱伝導は,格子振動(フォノン)よりも自由電子によってより効率的に行われる。
不純物で合金化された金属では,高純度の金属よりも熱伝導率は低下する。
ガラスや非晶質のセラミックスは,結晶質のセラミックスよりも低い熱伝導率を示す。
セラミックス材料の気孔率を増大させると,熱伝導率は増大する。
高分子の熱伝導率は結晶化率に依存し,結晶化率が高く規則的な構造をもつ高分子は,同じ物質の非晶質のものより大きい熱伝導率を示す。

 

答え

 ④

解説

適切です。
適切です。
適切です。
気孔率が増大すると熱伝導率は低下するため、不適切です。
適切です。
出題履歴(同一)