技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

技術士第一次試験基礎科目 平成26年度 Ⅰ-2-1

問題

機械A,Bを用いて部品p,q,rを加工する作業を下図のようなアローダイヤグラムで表現したい。ただし,この作業は以下の条件を満たさなければならない。

【条件】
*機械A,Bのいずれにおいても部品をp→q→rの順に加工する。
*部品p,q,rはいずれも機械A→Bの順で加工される。
*各機械は一度に1つの部品しか加工できず,機械が1つの部品の加工を始めたら,その加工を中断することはできない。
*2台の機械は異なる部品を加工するのであれば並行して使用できる。 

f:id:honmurapeo:20160524204334p:plain

いま,機械Aで部品p,q,rを加工する作業をそれぞれAp,Aq,Arとし,機械Bで部品p,q,rを加工する作業をそれぞれBp,Bq,Brとしたとき,図中の(ア)〜(エ)に該当する作業の組合せとして最も適切なものはどれか。
なお,図中の破線矢印はダミー作業であり,実際の作業には対応しないが,(ア)の作業終了後に(エ)の作業を開始することを示している。

選択肢

 
Aq Bp Ar Bq
Aq Bp Bq Ar
Aq Ar Bp Bq
Bp Aq Bq Ar
Bp Aq Ar Bq

 

答え

 ①

解説

部品はp、q、rの順に作るため、(ア,ウ)または(イ,エ)の組み合わせが、(Aq,Ar)、(Bp,Bq)になります。
アがエに先行するフローであることから、ア:Aq、エ:Bqであることがわかります。