読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

情報工学部門の技術士が、IT技術動向、資格対策等を、勝手気ままに語ります。

技術士第一次試験基礎科目 平成27年度 Ⅰ-2-1

技術士試験 一次試験 基礎科目

問題

コンピュータで数値計算を実施する場合に,誤差が生じることがある。いま,0.01をコンピュータ内部で表現した値を100回足したところ答えが1にはならなかった。プログラム自体に誤りは無いとすると,1にならなかった原因の誤差として最も適切なものはどれか。なお,コンピュータ内部では数値を2進数で扱っており,0.01は2進数では循環小数で表現するものとする。

選択肢

桁落ち
情報落ち
オーバーフロー
アンダーフロー
丸め誤差

 

答え

 ⑤

解説

①桁落ちは、値が近い数値の減算時などに、有効数字桁数が小さくなる現象ですので、不適切です。

②情報落ちは、極端に差異がある数値の加減算時に、小さい数が無視される現象ですので、不適切です。

③オーバーフローは、演算結果が扱える桁を上回る際に誤差が生じる現象ですので、不適切です。

④アンダーフローは、演算結果が扱える桁を下回る際に誤差が生じる現象ですので、不適切です。

⑤適切です。