技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

技術士第一次試験基礎科目 平成27年度 Ⅰ-4-3

重量パーセントがアルミニウム96.0wt%,銅4.00wt%の合金組成を,原子パ一セントで示した場合,アルミニウム(at%)及び銅(at%)の組合せとして最も適切なものはどれか。ただし,アルミニウム及び銅の原子量は,27.0及び63.5である。

  アルミニウム
91.1 8.92
93.5 6.51
96.0 4.00
97.9 2.11
98.3 1.74

 

答え

      ⑤

解説

原子パーセントは、重量パーセントを原子量で割って求めます。
アルミニウム:96.0wt%/27.0≒3.556at%
銅:4.00wt%/63.5≒0.0630at%

これらの比率は 3.556:0.0630=98.26:1.74 となるため、⑤が正解です。