読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

技術士第一次試験基礎科目 平成28年度 Ⅰ-1-2

 抜取検査に関する次の記述の   に入る語句の組合せとして,最も適切なものはどれか。

 ロットの合格・不合格を計数値抜取検査によって判定する場合,ロットを構成するアイテムを一部抜き取ったサンプルを検査し,その ア 等で合格・不合格を決定することになる。この際,満足な製品を不合格とする確率及び不満足な製品を合格とする確率のバランスが重要となる。前者を イ といい,後者を ウ という。この2つの確率は抜取検査手順を固定するとトレードオフの関係にあり,そのバランスは合格判定個数で調整される。検査が一連のロットに対して行われる場合には,先行ロットの結果を利用して後続ロットの抜取検査の厳しさを変更する エ の切換えルールの設定などが行われる。

 
平均値 消費者危険 生産者危険 多回抜取検査
平均値 生産者危険 消費者危険 なみ検査ときつい検査
不適合品の数 消費者危険 生産者危険 多回抜取検査
不適合品の数 生産者危険 消費者危険 なみ検査ときつい検査
平均値 消費者危険 生産者危険 なみ検査ときつい検査

 

答え

      ④

解説

 抜取検査に関する基礎知識を問う問題です。

  1. 計数値抜取検査では,ロットの不適合品の数等で合否を決定します。
  2. 満足な製品を不合格にする確率を,生産者危険といいます。
  3. 不満足な製品を合格にする確率を,消費者危険といいます。
  4. 抜取検査の厳しさについては,なみ検査(工程平均が合格水準にあるときに使用するよう設計された検査方式)ときつい検査(工程平均が合格水準より悪いときに使用するよう設計された検査方式)があります。
出題履歴(類似)