技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

技術士第一次試験基礎科目 平成28年度 Ⅰ-1-4

 設計開発プロジェクトの作業リストが下表のように示され,この表からアローダイアグラムが下図のように作成された。ただし,図中の矢印のうち,実線は要素作業を表し,破線はダミー作業を意味する。さらに要素作業a2,a3,b1,b3及びc1は,作業リスト中の追加費用をかけることで1日短縮できることがわかった。設計開発プロジェクトの最早完了日数を1日短縮するのに最も安価な方法を選択したい。このとき,作業日数を1日短縮すべき要素作業はどれか。

f:id:honmurapeo:20170116121730p:plain

① 要素作業a2

② 要素作業a3

③ 要素作業b1

④ 要素作業b3

⑤ 要素作業c1

 

 

答え

      ④

解説

 アローダイアグラムを参考に,クリティカルパスを探します。それぞれの作業順にかかる日数は以下の通りです。

  1. p→a1→a2→a3→a4→f:10+8+15+20+8+15 = 76日
  2. p→a1→a2→a3→ダミー→b3→f:10+8+15+20+0+10+15 = 78日
  3. p→a1→a2→ダミー→b2→b3→f:10+8+15+0+22+10+15 = 80日
  4. p→b1→b2→b3→f:10+15+22+10+15 = 72日
  5. p→c1→c2→c3→b3→f:10+7+15+15+10+15 = 72日

 よって,ⅲの作業順がクリティカルパスであり,この中の作業を1日短縮する必要がありますが,与えられた表から,ⅲにある作業で最も追加費用が少ないのは,要素作業b3であることがわかります。