技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

技術士第一次試験基礎科目 平成28年度 Ⅰ-1-5

 材料M1,M2,M3を用いて,製品P1とP2を製造・販売する。製品P1を1台製造するのに,材料M1,M2,M3はそれぞれ1個,1個,0個必要で,製品P2を1台製造するのに,0個,2個,2個必要であるとする。ただし,材料M1,M2,M3の個数に上限があり,それぞれ5個,9個,6個である。製品P1とP2を各々1台製造・販売した際に得られる利益がそれぞれ2万円,5万円のとき,全体の利益が最大となるような最適な製品P1とP2の製造・販売台数の組合せはどれか。

f:id:honmurapeo:20170116122053p:plain

① P1を5台,P2を3台

② P1を5台,P2を2台

③ P1を4台,P2を3台

④ P1を4台,P2を2台

⑤ P1を3台,P2を3台

 

 

答え

      ⑤

解説

 製品P1,P2の個数をx,yとすると,材料M1の上限から,
  1x+0≦5 → x≦5 … ①
材料M2の上限から,
  1x+2y≦9 … ②
材料M3の上限から,
  0+2y≦6 → y≦3 … ③

 利益は,2x+5yで求められますので,これを最大にするにはyをより大きい値にすることが求めれます。そこで,③より,y=3とすると,②よりx=3となり,これは①も満たします。
 よって,x=3,y=3 で,最大利益は,2×3+5×3=21(万円)になります。