技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験基礎科目 平成28年度 Ⅰ-2-6

 IPv4アドレスは8ビットごとにピリオド(.)で区切り4つのフィールドに分けて,各フィールドの8ビットを10進数で表記する。一方,IPv6アドレスは16ビットごとにコロン(:)で区切り,8つのフィールドに分けて各フィールドの16ビットを16進数で表記する。IPv6アドレスで表現できるアドレス数はIPv4アドレスで表現できるアドレス数の何倍か,最も適切なものはどれか。

 ① 28倍  ② 216倍  ③ 232倍  ④ 264倍  ⑤ 296

 

答え

      ⑤

解説

 問題文からもわかりますが,IPv4アドレスは32ビット,IPv6アドレスは128ビットです。それぞれ2進数で表現できる量は,232,2128になりますので,その比は,
  2128 ÷ 232 = 296
となります。