読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

情報工学部門の技術士が、IT技術動向、資格対策等を、勝手気ままに語ります。

技術士第一次試験専門科目 平成21年度 Ⅲ-33

問題

ソフトウェア開発におけるプロセスモデルについて,業務背景と適用するモデルの説明として最も不適切な事例を①〜⑤の中から選べ。

選択肢

当社の得意とする分野の業務システムであり,取引の長い顧客から明確な要求も伝えられている。打ち合わせの結果,要求仕様の途中変更の可能性も低いと判断された。本プロジェクトには,ウォータフォールモデルを適用する。
新たにパッケージ商品を開発し,販売を計画している。基盤となるアーキテクチャを検討した後,機能については戦略的に順位付けをし,早期にリリースしていきたい。本プロジェクトには,インクリメンタルモデルを適用する。
産学合同プロジェクトヘソフトウェア開発担当として参加する。研究的側面があり,成果をシミュレーションシステムとする以外,詳細な仕様,アーキテクチャ,開発体制等が明確でない。本プロジェクトにはスパイラルモデルを適用する。
システムで実現するビジネスルールは整理されているものの,具体的なユーザインタフェースについて,委託元の担当者も決めかねている。初期に確認しつつ進めたほうがよさそうだ。本プロジェクトには,コードアンドフィックスモデルを適用する。
万が一の不具合が,多数の人命に関わる制御システムを開発する。安全性確保のためには,期間とコストは十分な支援が期待できる状況である。欠陥の防止に,最大限の対策を行いたい。本プロジェクトには,フォーマルメソッドを適用する。

 

答え

 ④

解説

 

次の問題へ専門科目TOPへ技術士TOPへ