読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

技術士第一次試験専門科目 平成22年度 Ⅲ-19

問題

下図に示すようなトポロジを持つMANET(MobileAdhocNetwork)において,送信元ノードSから宛先ノードDにデータを転送したい。ルーティングプロトコルにDSR(DynamicSourceRouting)を用いるとき,経路探索プロセスにおけるRREQ(RouteRequest)パケットのフラッディングからRREP(RouteReply)パケットの受信までを含めた宛先ノードまでのデータ転送に要する時院を㈰㈭の中から選べ。
ただし,経路探索の開始からデータ転送完了までの間,トポロジの変化が起きないものとする。また,ノード間1ホップの通信時間を同じと仮定し,この時間を単位時間Tとする。ノード上での計算時間は無視するものとし,ノード上で経路情報のキャッシュも行われていないものとする。データ転送時の確認応答(Acknowledgement)に要する時間も無視するものとする。

f:id:honmurapeo:20160619194422p:plain

選択肢

3T
4T
6T
9T
12T

 

答え

 ④

解説

 

次の問題へ専門科目TOPへ技術士TOPへ