読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

情報工学部門の技術士が、IT技術動向、資格対策等を、勝手気ままに語ります。

技術士第一次試験専門科目 平成24年度 Ⅲ-14

問題

マルチコアプロセッサにおけるオペレーティングシステムとプログラムに関する次の説明のうち,最も適切なものはどれか。

選択肢

コア数が唱えることにより,どのようなオペレーティングシステムでも処理能力が向上する。
すべてのキャッシュメモリは,効率よく利用できるように,すべてのコアで共有されている。
多数のプロセスを同時に実行するような環境では,マルチコアのCPUを使用することで,コア数に応じてシステムとしての処理能力を向上させることができる。
プログラムに記述されているスレッドは,各スレッドに同時にコアを1つずつ割り当てて,すべてのスレッドが同時に実行される。
マルチコアプロセッサには,排他制御をハドウエアで自動的に処理する機能があるため,プログラム作成上はこれらを考慮する必要がない。

 

答え

 ③

解説

 

次の問題へ専門科目TOPへ技術士TOPへ