技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

技術士第一次試験専門科目 平成24年度 Ⅲ-17

問題

ディジタル信号への標本化と量子化に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。

選択肢

信号の周期が標本化間隔の2倍より大きければ,元の信号を一意に再現できる。
信号の標本化においては,ランダムな時間開隅でサンプリングを行う必要がある。
標本化により,サンプリング周波数の2倍未満の周波数の信号は,元の信号を一意に再現できる。
量子化誤差を生じさせないためには,標本化問隅を十分小さくする必要がある。
量子化どット数を2倍にすると,4倍の周波数の信号まで元の信号をに再現できる。

 

答え

 ①

解説

 

次の問題へ専門科目TOPへ技術士TOPへ