技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

技術士第一次試験専門科目 平成27年度 Ⅲ-21

開発作業をプログラマ2名に依頼し,EVM(Earned Value Management)で進捗を管理した。予定作業日数は1人当たり20日で,2人とも同一期間に実施するように依頼した。作業単価は40,000円/人日である。計画の完成時総予算は160万円であった。15日経過した時点で,EV(Earned Value)が120万円,AC(ActualCost)が150万円,完成時のコスト予測は190万円となっている。この開発作業について,次の記述のうち最も適切なものはどれか。

計画通りである。
作業内容全体について,難易度の見込み違いがあった。
納期が遅れる。
問題が一時的に発生していたが,今は解決している。
問題は継続して発生しており,増員を計画する必要があると考えている。

 

答え

 ④

解説