技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

技術士第一次試験専門科目 平成27年度 Ⅲ-22

ISO/IEC25010:2011(JISX25010:2013,システム及びソフトウェア製品の品質要求及び評価(SQuaRE)−システム及びソフトウェア品質モデル)で規定されている利用時の品質モデルの品質特性「有効性(effectiveness)」,「効率性(efficiency)」,「満足性(satisfaction)」に対する,説明文(a)〜(e)の正しい組合せはどれか。

(a)製品又はシステムが明示された利用状況において使用されるとき,利用者ニズが満足される度合い。
(b)ユーザインタフェースが,利用者にとって楽しく,満足のいく対話を可能にする度合い。
(c)明示された目標を利用者が達成する上での正確さ及び完全さの度合い。
(d)利用者が特定の目標を達成するための正確さ及び完全さに関連して,使用した資源の度合い。
(e)製品又はシステムが,明示された利用状況において,明示された目標を達成するために,幅広い範囲の心身特性及び能力の人々によって使用できる度合い。

有効性:(a),効率性:(c),満足性:(e)
有効性:(a),効率性:(d),満足性:(b)
有効性:(c),効率性:(d),満足性:(a)
有効性:(c),効率性:(d),満足性:(b)
有効性:(e),効率性:(c),満足性:(a)

 

答え

 ③

解説