技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験専門科目 平成28年度 Ⅲ-20

 ソフトウェア機能規模の測定をファンクションポイント法(JIS X 0142:2010,ISO/IEC 20926 IFPUG法)で行う。下表の要件において,ファンクションポイント法の未調整ファンクションポイントを計算した結果のうち,最も適切な値はどれか。なお,不適切な機能要素は除外すること。

f:id:honmurapeo:20170516000833p:plain

 ① 33  ② 46  ③ 49  ④ 53  ⑤ 67

 

答え

      ④

解説

 ファンクションポイント方は,入出力の3要素とデータの2要素でシステム(開発)規模を測定します。そのため,表の機能要素の内,内部モジュールは無関係です。
 残りの5つの要素について,数と重み係数を乗じて合計すると,
  1 × 4 + 2 × 5 + 3 × 4 + 1 × 7 + 2 × 10 = 53
となります。