技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験専門科目 平成28年度 Ⅲ-21

 ユーザインタフェースの設計に関する法則である。フィッツの法則の説明に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。

① 意思決定に必要な時間と,選択肢の個数との関係を示した法則

② 個々の図形の配置と,人間がグループとして認識する図形との関係を示した法則

③ 視覚や聴覚などの感覚器官を通じて感じる感覚と,それらに与える物理的刺激の大きさの関係を示した法則

④ 人間が一度に記憶できる情報のかたまり(チャンク)の数を示した法則

⑤ ポインタの移動にかかる時間と,ポインタで指し示す対象物の大きさ及び対象物までの距離の関係を示した法則

 

 

答え

      ⑤

解説

① 意思決定に必要な時間と,選択肢の個数との関係を示した法則
ヒックの法則の説明です。

② 個々の図形の配置と,人間がグループとして認識する図形との関係を示した法則
ゲシュタルトの法則の説明です。

③ 視覚や聴覚などの感覚器官を通じて感じる感覚と,それらに与える物理的刺激の大きさの関係を示した法則
フェヒナーの法則の説明です。

④ 人間が一度に記憶できる情報のかたまり(チャンク)の数を示した法則
ミラーの法則の説明です。

⑤ ポインタの移動にかかる時間と,ポインタで指し示す対象物の大きさ及び対象物までの距離の関係を示した法則
適切です。