技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

技術士第一次試験専門科目 平成28年度 Ⅲ-26

 EVM(Earned Value Management)で進捗管理を行ったプロジェクトがある。当初は計画を上回るペースで開発が進んだが,途中問題が発生したため遅延状態となった。そこでリカバリーを目的として計画より増員したため,費用が超過した。このプロジェクトを説明するEVM実績推移グラフとして,次のうち最も適切なものはどれか。

f:id:honmurapeo:20170516000954p:plain

 

答え

      ③

解説

① ✖️ 後半でCPIが1.0を上回って(予算内)おり,「費用が超過した」という条件と合致しません。

② ✖️ 初期段階でSPIが1.0を下回って(遅延して)おり,「当初は計画を上回るペースで開発が進んだ」という条件と合致しません。

③ ⭕️ 条件と矛盾しません。ただし,EVが不明であるため,「当初計画を上回るペースで開発が進んだ」かどうかは,このグラフからはわかりません。

④ ✖️ 初期段階でEVがPVを下回って(遅延して)おり,「当初は計画を上回るペースで開発が進んだ」という条件と合致しません。

⑤ ✖️ BACが常にEACを下回って(予算内)おり,「費用が超過した」という条件と合致しません。