技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験専門科目 平成29年度 Ⅲ-8

 デジタル署名を行う場合,署名対象データをハッシュ関数によってメッセージダイジェストにし,そのメッセージダイジェストに対して署名処理が行われる。この際にハッシュ関数を用いる目的として,最も適切なものはどれか。

① 同じ署名対象データでも異なる署名値にするため。

② 署名処理を高速化するため。

③ 署名対象データの機密性を保つため。

④ デジタル署名の偽造を防ぐため。

⑤ 特定の人にのみ署名検証をさせるため。

 

 

答え

      ②

解説

 XXX

① XXX

② XXX

③ XXX

④ XXX

⑤ XXX