読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

情報工学部門の技術士が、IT技術動向、資格対策等を、勝手気ままに語ります。

技術士第一次試験適性科目 平成21年度 Ⅱ-8

技術士試験 一次試験 適性科目

問題

製造物責任法(平成7年7月1日施行)は,安全で安心できる社会を築く上で大きな意義を有するものである。製造物責任法に関する次の記述のうち,不適切なものを選べ。

選択肢

製造物責任法は,製造物の欠陥により人の命,身体文は財産に関わる被害が生じた場合,その製造業者などが損害賠償の責任を負うと定めた法律である。
製造物責任法では,損害が製品の欠陥によるものであることを被害者(消費者)が立証すればよい。なお,製造物責任法の施行以前は,民法709条によって,損害と加害の故意又は過失との因果関係を被害者(消費者)が立証する必要があった。
製造物責任法では,製造物とは製造又は加工された動産をいう。
製造物責任法では,製品自体が有している品質上の欠陥のほかに,通常予見される使用形態での欠陥も含まれる。このため製品メーカーは,メーカーが意図した正常使用条件と予見可能な誤使用における安全性の確保が必要である。
製造物責任法では,製造業者が引渡したときの科学又は技術に関する知見によっては,当該製造物に欠陥があることを認識できなかった場合でも製造物責任者として責任がある。

 

答え

 ⑤

解説

① 適切です。

② 適切です。

③ 適切です。

④ 適切です。

⑤ 設問のケースは免責事項となるため、不適切です。