技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

技術士第一次試験適性科目 平成21年度 Ⅱ-10

問題

一昨年来,食品不祥事が社会問題になったが,この不祥事は多くが内部告発によって発覚したと言われている。一連の食品不祥事に関するア)〜エ)の記述について,正しいものは◯,誤っているものは×として,適切な組合せを①〜⑤の中から選べ。

ア)内部告発を防ぐには,ヘルプラインなどの社内通報制度を整備し,風通しの良い体制作りが必要である。
イ)緊急の社内調査が実施されても,とかく隠そうとする企業体質を反映して正直に実情が公表されないことがあり,あとでその事実が発覚したために,企業存続の危機にまで陥った事例もある。
ウ)社内で不正行為の認識があるにもかかわらず,見て見ぬふりをする,あるいは業務遂行上の些細な変化や予兆を見逃している間に重大な事件に発展してしまった事例があり,気付いたときに行動することが必要である。
エ)異常事態が発生した際には,現場で迅速な判断を行い対処することが重要で,その上で,結果だけを経営上層部に報告する。

選択肢

 
×
×
×
×

 

答え

 ④

解説

ア)適切です。

イ)適切です。

ウ)適切です。

エ)経営上層部へ迅速に報告すべきであるため、不適切です。