技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

技術士第一次試験適性科目 平成22年度 Ⅱ-4

問題

事故や不祥事が起きると技術者の責任が問われるが,技術者に関する次の記述のうち,不適切なものを選べ。

選択肢

技術者は専門知識レベルの教育と実務経験を有しており,社会の安全・健康・福利に対して大きな責任がある。
技術者は多くの場合組織に雇用されて仕事をしている。組織が問題を起した場合,その責任は主として経営者にあり,問われるべきは組織や経営者の倫理である。
技術がつくり出したものが,我々の日常生活に大きな影響を与えている。技術と製造物との関係をきちんと把握でき,製造物が引き起こす危害を防止できるのは技術者である。
裁判では事故を防止できなかった技術者に厳しい判決が下されることがある。技術者としては,「経営者が資金や時間を与えてくれなかったことの方により大きな責任がある」と言いたいところだが,それは通らなくなっている。
技術者は,科学技術が人間生活に及ぼす影響の重大性を認識する必要がある。科学技術の高度化・複雑化に伴う信頼性・安全性の確保が求められる中,技術者には実務能力のみならず,社会への公益性の責任が求められている。

 

答え

 ②

解説

① 適切です。

② 倫理的には技術者にも責任があるため、不適切です。

③ 適切です。

④ 適切です。

⑤ 適切です。