技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

技術士第一次試験適性科目 平成22年度 Ⅱ-7

問題

ものづくりに携わる技術者にとって,知的財産を理解することは非常に大事なことである。知的財産の特徴のっとして,「もの」とは異なり「財産的価値を有する情報」であることが挙げられる。情報は,容易に模倣されるという特質をもっており,しかも利用されることにより消費されるということがないため,多くの者が同時に利用することができる。こうしたことから知的財産権制度は,創作者の権利を保護するため,元来自由利用できる情報を,社会が必要とする限度で自由を制限する制度ということができる。

次に示すア)〜ク)までのうち,知的財産権に含まれないものの数を①〜⑤の中から選べ。

ア)特許権(発明の保護)
イ)実用新案権(物品の形状等の考案の保護)
ウ)意匠権(物品のデザインの保護)
エ)著作権(文芸,学術等の作品の保護)
オ)回路配置利用権(半導体集積回路の回路配置利用の保護)
カ)育成者権(植物の新品種の保護)
キ)商標権(商品・サービスで使用するマークの保護)
ク)商号(商号の保護)

選択肢

0
1
2
3
4

 

答え

 ①

解説

ア)含まれます。

イ)含まれます。

ウ)含まれます。

エ)含まれます。

オ)含まれます。

カ)含まれます。

キ)含まれます。

ク)含まれます。