技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

技術士第一次試験適性科目 平成23年度 Ⅱ-2

問題

専門職業者である技術者は,自らが生み出す専門知識や技術の質を担保する責任を有し,さらに自らの専門知識,技術,経験を活かして,人類の健康と福祉,社会の安全と安寧,そして地球環境の持続性に貢献するという責任を有している。

日本学術会議は,平成18年10月,この責任を果たすために全ての学術分野に共通する必要最小限の「科学者の行動規範」をまとめた。この行動規範における「科学者」とは新たな知識を生み出す活動,あるいは科学的な知識の利活用に従事する研究者,専門職業者と定義されている。

「科学者の行動規範」に関する次の記述のうち,不適切なものを選べ。

選択肢

科学者は,科学の自律性が社会からの信頼と負託の上に成り立つことを自覚し,常に,正直,誠実に判断し,行動する。また,科学研究によって生み出される知の正確さや正当性を,科学的に示す最善の努力をするとともに,科学者コミュニティ,特に自らの専門領域における科学者相互の評価に積極的に参加する。
科学者は,自らが携わる研究の意義と役割を公開して積極的に説明し,その研究が人間,社会,環境に及ぼす影響や起こし得る変化を評価し,その結果を中立性・客観性をもって公表する。
科学者は,自らの研究の立案・計画・申請・実施・報告などの過程において,研究・調査データの記録保存や厳正な取扱いを徹底する。さらに社会から研究内容が理解されることが梅めて重要で,そのためには多少データを修正することはやむを得ない。
科学者は,他者の成果を適切に批判すると同時に,自らの研究に対する批判には謙虚に耳を傾け,誠実な態度で意見を交える。他者の知的成果などの業績を正当に評価し,名誉や知的財産権を尊重する。
科学者は,自らの研究,審査,評価,判断などにおいて,個人と組織,あるいは異なる組織間の利益の衝突に十分注意を払い,公共性に配慮しつつ適切に対応する。

 

答え

 ③

解説

① 適切です。

② 適切です。

③ データの修正は改ざんにあたるため、不適切です。

④ 適切です。

⑤ 適切です。