読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

技術士第一次試験適性科目 平成24年度 Ⅱ-9

問題

知的財産権に関して適切な知識,順法意識と健全な批判精神を持つことは,現代社会に生きる者として重要なことである。知的財産権に関する基礎的な知識として,次の(1)〜(3)のそれぞれに示すイ)〜ハ)の記述の中から最も適切なものを選び,その組合せを選べ。

(1)知的財産権
イ)財産は,形のある財産(有体財産)と形のない財産(無体財産)に分けられる。株券は,従来は有体財産に分類されていたが,電子化されて形がなくなったので,無体財産として扱われるようになった。
ロ)人間の知的創造の成果は,社会に豊かな生活をもたらしてきた。その創造活動を阻しないように,創作者に一定期開の権利保護を与えるようにしたのが知的財産権制
度である。
ハ)特許権も著作権も知的財産権である。特許権は産業振興に資する表現を,著作権は文化振興に資するアイデアを法的に保護する特徴がある。

(2)産業財産権
イ)特許権,実用新案権,意匠権,商標権を総称して産業財産権と呼ぶ。
ロ)さまざまな権利からなる著作権のうち,出版社が所持する出版権は産業財産権である。
ハ)トレードシクレット(営業秘密),半導体集積回路の回路配置利用権は,産業財産権に分類される。

(3)著作権
イ)著作物に関する権利である著作権は,法的には所管官庁である特許庁に付与を申請し,審査して認められた場合に発生する権利である。
ロ)プロの歌手は,自分の持ち歌に眼って,作詞家の了解を得ずに歌謡を変更して歌うことが認められている。
ハ)個人の趣味で公開したインターネットのホームページ(Webページ)に,アイドル歌手の写真集の気に入った写真をアップする行為は,著作権法違反になる。

選択肢

  (1) (2) (3)

 

答え

 ②

解説

(1)知的財産権
イ)株券は有体財産のため、不適切です。
ロ)適切です。
ハ)表現とアイデアが逆であり、不適切です。 

(2)産業財産権
イ)適切です。
ロ)出版権は著作権の一つであるため、不適切です。
ハ)トレードシークレット等は知的財産権ですが産業財産権ではないため、不適切です。

(3)著作権
イ)著作権に手続きは不要のため、不適切です。
ロ)著作権の侵害に当たるため、不適切です。
ハ)適切です。