読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

情報工学部門の技術士が、IT技術動向、資格対策等を、勝手気ままに語ります。

技術士第二次試験必須科目 平成25年度 Ⅰ-4

技術士試験 二次試験 必須科目

問題

パターン認識技術の説明として,最も不適切なものは次のうちどれか。

選択肢

CHLAC(Cubic Higher-Order Local Autocorrelation:立体高次局所自己相関)特徴は,ステレオ画像を用いた3次元物体の認識に用いられる方式である。
SIFT(Scale Invariant Feature Transform:スケール不変特徴変換)は,画像の回転・スケール変化・照明変化等に頑強な特徴量である。
SVM(Support Vector Machine:サポートベクターマシン)は,線形識別器であり入力の重み付け加算とバイアス値による識別関数を用いる。
KL(Karhunen-Loeve:カルネンレベ)展開は,多変量解析における主成分分析と数学的にほとんど等価である。
HMM(Hidden Markov Model:隠れマルコフモデル)は,音声認識において広く用いられる方式である。

 

答え

 ①

解説

 

次の問題へ必須科目TOPへ技術士TOPへ