読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

情報工学部門の技術士が、IT技術動向、資格対策等を、勝手気ままに語ります。

技術士第二次試験必須科目 平成25年度 Ⅰ-10

技術士試験 二次試験 必須科目

問題

「不正指令電磁的記録(いわゆるコンピュータウイルス)に関する罪」に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。

選択肢

記憶媒体のすべてのデータを削除するプログラムは必要不可欠であるため,機能を偽って他人にメールで、送付して実行を促して削除させても処罰の対象にはならない。
コンピュータウイルスとして完成していても,そのまま実行できないソースコードや印刷媒体であれば処罰の対象にならない。
コンピュータウイルスは,作成しただけでは,罪は成立しない可能性がある。
プログラミングの過程で発生した誤りやバグは,作者の意図するものでなくてもコンピュータウイルスとみなされる。
不正指令電磁的記録作成・提供罪の法定刑は,50万円以下の罰金刑だけで懲役刑はない。

 

答え

 ③

解説

 

次の問題へ必須科目TOPへ技術士TOPへ