読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

情報工学部門の技術士が、IT技術動向、資格対策等を、勝手気ままに語ります。

技術士第二次試験必須科目 平成25年度 Ⅰ-12

技術士試験 二次試験 必須科目

問題

分散システム環境でのトランザクション処理において,データベースの保全性(integrity)を維持するためのACID特性に含まれないものは,次のうちどれか。

選択肢

トランザクション処理の過程において,データベースの状態を遷移させるとき,処理の前後において状態の一貫性は維持される(一貫性)。
トランザクションはシステム障害発生時における自律的な回復機能をもつ(自律性)。
トランザクションは障害発生時における回復の単位であり,コミットされるとシステムクラシュが発生してもその処理内容は失われない(耐久性)。
1つのトランザクションは,完遂されるかまったく実行されないかという悉(しつ)無律に従う,不可分の処理単位である(原子性)。
複数のトランザクションが同時に実行される場合,それぞれは干渉の無い無関係の隔離された処理単位として実行される(隔離性)。

 

答え

 ②

解説

 

次の問題へ必須科目TOPへ技術士TOPへ