読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

情報工学部門の技術士が、IT技術動向、資格対策等を、勝手気ままに語ります。

技術士第二次試験必須科目 平成26年度 Ⅰ-5

技術士試験 二次試験 必須科目

問題

機械学習に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。

選択肢

階層併合的クラスタリングは,知識表現として述語論理を用い,演繹推論の逆を機械的に実施するものである。
交叉検証法は,定められた一定数のデータをランダムに抜き取り,残ったデータで学習を行い,抜き取ったデータで学習結果を評価する方式である。
根から葉までのパス長の総和を最小とする決定木は,データ数に依存しない計算量 (O(1))で構築できる。
相関ルール(association rule)の支持度(support)とは,ルールの条件部が起こったときに結論部が起きる割合を示している。
ブートストラップ法は,所与の属性の中から,当面の課題解決に有効な属性を選択するための方法であり大きく分けてフィルタ法とラッパ法の2つがある。

 

答え

 ②

解説

 

次の問題へ必須科目TOPへ技術士TOPへ