読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

情報工学部門の技術士が、IT技術動向、資格対策等を、勝手気ままに語ります。

技術士第二次試験必須科目 平成27年度 Ⅰ-11

技術士試験 二次試験 必須科目

問題

Web関連技術に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。

選択肢

HTTPとは,文書構造や属性(レイアウト,文字の大きさ)などに加え,ハイパーリンクを指定するための文書構造記述言語である。
HTMLは,Webブラウザ上での表現手段の提供を目的としたマークアップ言語XMLが業務アプリケーションで不可欠な情報処理には適さないことを解決するために,開発された。
CGIはクライアント側で動くプラグインアプリケーションの代表的な技術で,これによって,帳票の表示や複雑なアプリケーションなどをサーバ側に負担をかけることなく実行できる。
URLとは,インターネット上の資源(オブジェクト)をアクセスするための方法とその位置を指定するものである。
Webサーバに実装されるJavaScriptは,Webクライアントからの要求に応じて,データベースなど外部プログラムを呼び出し,実行結果をクライアントに返すための仕組みである。

 

答え

 ④

解説

 

次の問題へ必須科目TOPへ技術士TOPへ