読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

情報工学部門の技術士が、IT技術動向、資格対策等を、勝手気ままに語ります。

技術士第二次試験必須科目 平成28年度 Ⅰ-19

技術士試験 二次試験 必須科目

問題

インターネットで用いられるチェックサムに関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

選択肢

IPv4へッダにはチェックサムフィールドがあるが,IPv6へッダにはチェックサムフィールドがない。
チェックサムの計算には2の補数和が用いられる。
IPv4が使われる場合,UDPでのチェックサムの計算は省くことができる。
TCPやUDPでは,TCPセグメントやUDPセグメントに,始点・終点IPアドレスなどのIPへッダの一部の情報を追加してチェックサムを計算する。
データリンク層では,通常,チェックサムではなくCRC (Cyclic Redundancy Check) が誤り検出用に用いられる。

 

答え

 ②

解説

 

キーワード

 

過去の出題