読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

情報工学部門の技術士が、IT技術動向、資格対策等を、勝手気ままに語ります。

技術士第二次試験選択科目 平成26年度 Ⅱ-2

技術士試験 二次試験 選択科目

問題

  1. 下記「オフィスビル向けの入退室管理システムについて」の説明を読み,以下の問いに答えよ。
    「オフィスピルの入退室管理システムについて」

    オフィスビルには,複数のテナントが入っており,各テナントは,共通の入退出管理システムを利用している。オフィスビルは,n階のフロアから構成され,各フロアには複数の区画があり,テナントは,1つ以上の区画を専有している(下図参照)。
    各区画には複数のドアがあり,ドアはすべて電子錠が付いていて,ドアの内と外にあるICカドのカドリーダで認証することにより,開閉できる。同一区画内のドアは共通のICカドの認証で開閉できる口1つの区画から他の区画へ移動するためには,必ずその区画のドアを出てから他の区画のドアから入らないといけない口
    ICカドに入っている情報は,カドIDだけである。各テナントの管理者は,自社の保有するICカドのカドIDと自社の社員の情報,そしてその社員に許可する区画
    IDを入退室管理システムに登録する。入退室管理システムは,サバ上のデータベースで登録された情報を管理し,カドリーダからカドIDの問合せが発生すると,認証又は却下を行う。ICカドは1枚で複数の区画の入室許可を登録することが可能で
    ある。全てのテナントの社員は,ドアの通過の際には必ずカドリーダにICカドを認証して入退室することになっている。
    また,セキュリティの要件から入退室履歴を残すことも必要で、あり,入退室履歴には,入退室日時,ICカドID,区画IDが記録されている。

     

    フ口71
    フロア2

    フ口J'n
    フ口yと区画の間部


    (1)入退室管理システムをER図でモデル化せよ。
    モデル化の際には,下記の「ER図の記法」に従うことDまた,エンティティ名,主キ属性名,属性名は,次の【語群】から選んで使うこと。
    【語群]
    テナント,テナント名,テナントID,フロア,社員,社員名,社員ID,区画,区画名,区画ID,ドア,ドアID,ICカド,カドID,入退室履歴,入室日時分,退室日時分,来客者,来客者名,来客者ID,カドリーダ,認証,認証ID,許可,許可日,許可日数
    「ER図の記法」

    IDEF1Xに準じた書き方とする。
    エンティティは,「ER図の表記例」のように四角を使って表し,エンティティ名を,四角の上に書く。エンティティは,四角の中を線で上下に分け,上には主キとなる属性,下にはその他の属性を書く。外部キには属性名の後ろに(FK)と書く。
    関連は四角の聞に実線を引き,1対多のカジナリティの親子関係のあるエンティティは多側のエンティティ側の線に黒丸()をつける。その他のカジナリティは,表示しなくてよい。

    ER図の表記例


    (2)今までテナントへの来客者に対しては,テナントで用意している予備のICカドを使って入退室していた。しかし,来客者に対して,事前に配布したICカドをテナントの管理者が開始日と期間を設定して使えるようにする機能を,入退出管理システムに追加することになった口この機能を実装するためにER図をどのように変更すればよいか。(1)で記述したER図とは別に新たにER図を書いて説明し,データベ
    ースを設計する上での課題について述べよ。
    ただし,(1)のER図と同じエンティティについては,エンティティ名を書くだけで,属性名については省略してよい。


  2. GPS機能を有するモバイル端末機器の普及に伴い,利用者の現在位置に基づく情報やサビスを提供するシステムの開発が盛んに行われている。このようなシステムでは利用者の位置情報と個人識別情報を組み合わせることが可能なだけに,システムの設計においては利用者のプライパシの保護に関する注意が必要で、ある。利用者に現在位置付近の飲食店を案内するシステムを例として,以下の問いに答えよ。

    (1)利用者(端末利用者飲食店)以外,つまりサビス提供側のステクホルダを3つ挙げて,サビス提供におけるそれぞれの役割を説明せよ。

    (2)飲食店の加盟の動機付けの目的で,飲食店に対して店舗付近を通行した端末利用者に関する情報提供・サビス提供を行うとする。次の(ア)〜(ウ)の事例が,利用者に対し個人情報の侵害に相当するかどうかを,オプトイン/オプトアウトの用語を用いて説明せよ。

    (ア)付近通行利用者に関する統計情報(時間帯別,性別,年齢別など)を店舗に提供する口
    (イ)付近通行利用者に対する店舗からのダイレクトメールの送信代行を行うD
    (ウ)付近通行利用者の氏名,住所,メールアドレスのリストを店舗に提供する。

    (3)個人情報の保護に向けて,(1)で挙げた各ステクホルダの果たす役割について述べよ。

 

解説