読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

情報工学部門の技術士が、IT技術動向、資格対策等を、勝手気ままに語ります。

技術士第二次試験選択科目 平成26年度 Ⅲ-4

技術士試験 二次試験 選択科目

問題

インタネットの普及などにより,企業で抱える社内の情報システムにおいてもクラウド利用が浸透してきている。しかし,実際に社内システムをクラウド化し,移行する場合には,検討すべき事項,クリアすべき技術的課題は必ずでてくる。そこで,社内システムのクラウド化に関して以下の問いに答えよ。

(1)社内や子会社・関連会社などに分散している情報システムを1箇所に集め,自社内でクラウド化を構築する(プライベトクラウド)場合,多面的な観点から検討すべき事項を3点挙げ,それぞれについて説明せよ。

(2)(1)でクラウド化した社内システムを,外部に仮想的なプライベト環境を構築する(バチャルプライベトクラウド:VPC)か,又は外部のパブリッククラウドに構築する(IaaS)場合,あなたが最も大きな技術的課題と考えるものを2つ挙げ,解決するための具体的な技術的提案を示せ。

(3)今後ますますクラウドの利用は拡大すると予測される。そこで,社内の情報システムのクラウドへの依存度を上げていくことがもたらす効果と想定されるリスク,及びクラウドに期待すること(クラウドの将来ビジョン)をそれぞれ記述せよ。

 

解説