技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

QC検定3級問題 パレート図②

問題

 パレート図に関する次の文章において、   内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

  1.  パレート図は不適合、故障、クレームなどの件数や (1) などを、現象や原因などの分類項目別に層別して、出現頻度の (2) 順に並べるとともに、累積百分率を (3) で示した図である。

    (1) (3) 選択肢

    1. 小さい
    2. 大きい
    3. 影響度
    4. 損失金額
    5. 棒柱グラフ
    6. 折れ線グラフ
    7. 帯グラフ
    8. 円グラフ
    9. プロセス

     

  2.  “その他”の項目がある場合は、その数量に関係なく横軸の (4) に書くが、その項目の出現頻度が1番目や2番目のように上位にくるならば、“その他”のくくり方や (5) の構成を見直す必要がある。

    (4) (5) 選択肢

    1. 上端
    2. 下端
    3. 左端
    4. 右端
    5. 中央
    6. 分類項目
    7. 分析項目
    8. 母集団
    9. サンプリング方式

     

  3.  たくさんの分類項目があっても大きな影響を与えているのは、普通はほんの2、3項目であることが多い。これを (6) の法則という。改善を行うためには、影響の大きな項目を取り上げなければいけない。また、このように結果に大きな影響を与える少数の要因を見つけて解決に取り組む考え方を (7) という。

    (6) (7) 選択肢

    1. パレート
    2. デミング
    3. 狩野
    4. 石川
    5. シューハート
    6. 重点指向
    7. 集中指向
    8. 顧客満足
    9. プロセス重視
    10. 分散指向

 

解答

(1) (2) (3)
(4) (5) (6) (7)

解説

 QC七つ道具の一つであるパレート図に関する問題です。基本的な事項のみですので、不明点はオンラインテキストを参照ください。