読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

情報工学部門の技術士が、IT技術動向、資格対策等を、勝手気ままに語ります。

QC検定3級問題 グラフ③

問題

 グラフの作り方と見方に関する次の文章において、   内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

  1. 取られた数値データを眺めただけでは、その数値データのもつ意味を読み取ることは難しく、傾向を把握することは難しい。グラフを作成することにより、細かな数値の変化を見るのではなく、全体の (1) を捉えて、そこから得られる (2) をもとに改善へのきっかけ作りがなされる。グラフには、折れ線グラフ、円グラフ、棒グラフ等、いくつかの種類があり、それぞれのグラフの特徴にあわせ、 (3) によって使い分けがなされる。

     (1)  (3) の選択肢

    1. 手段
    2. 目的
    3. 時間
    4. 姿
    5. 情報

     

  2. 例えば、時間の変化に伴って数量が変化する場合に使われ、時間の経過による連続的な変化や傾向を見るのに適したグラフは (4) である。
    数の大小関係を比較するのに適したグラフは (5) である。しかし、縦軸の目盛に気をつけないと同じような高さになってしまい、大小の比較ができにくくなってしまう。
    データの内訳の割合を表すのに適したグラフは (6) である。これは、円を分類項目の構成で区切ったもので、人口、面積、生産量、不適合の分類など多くの用途に用いられている。

     (4)  (6) の選択肢

    1. 折れ線グラフ
    2. 円グラフ
    3. 棒グラフ
    4. 帯グラフ
    5. レーダーチャート

 

解答

(1) (2) (3)
(4) (5) (6)

解説

 XXX

(1)〜(3)

 XXX

(4)〜(6)

 XXX