技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

QC検定3級問題 品質管理の基本②

問題

 次の文章において、   内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

  1. 問題が発生したとき、原因がわからない、原因はわかっているが現状では対応できないなど、このような異常に対して、これ以上損失を大きくさせないために行うのが応急対策である。
  2. 問題が発生したときに、設備や作業方法などに対して原因を調査し、その発生原因を取り除き、再び同じ原因で問題が発生しないように (1) を行うのが (2) 活動である。この活動は (3) 対策などともいわれる。特にこの活動では真の原因をいかに探し出すかが重要となる。

     (1)  (3) の選択肢

    1. 要因
    2. 再発防止
    3. 見える化
    4. 予防処置
    5. 歯止め
    6. 未然防止
    7. 恒久
    8. 真の原因
    9. 暫定
    10. 源流管理

     

  3. 将来発生する可能性のある不適合や不具合、またはその他で望ましくない状況を引き起こすと考えられる潜在的な原因を取り除くのが (4) 活動である。この活動には、問題発生を事前に防ぐ処置と発生しても (5) な影響を引き起こさないようにする処置とがある。この活動を進めるためには、発生が予想される問題を洗い出す必要がある。自職場で過去に経験した不適合や不具合などの (6) を総合的に分析し、自職場の弱さを知っておくことも、この活動を進めるうえで有効となる。

     (4)  (6) の選択肢

    1. パレート図
    2. 失敗事例
    3. 潜在ニーズ
    4. 未然防止
    5. 暫定的
    6. 致命的
    7. 是正措置
    8. 成功体験

 

解答

(1) (2) (3)
(4) (5) (6)

解説

 XXX

(1)

 XXX

(2)

 XXX

(3)

 XXX

(4)

 XXX

(5)

 XXX