読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

情報工学部門の技術士が、IT技術動向、資格対策等を、勝手気ままに語ります。

QC検定3級問題 管理の方法②

問題

 次の文章において、   内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

  1. 製品の品質を継続的に向上させるためには、まず現状の品質水準が規定された範囲内にあるようにするための (1) 活動、そしてさらに現状の品質水準を高めるための (2) 活動をあわせて行うことが必要である。

     (1)  (2) の選択肢

    1. 検査
    2. 改善
    3. 異常処置
    4. 未然防止
    5. 解析
    6. 維持

     

  2. 品質水準を保つためには、工程の異常の有無を確認し、もし異常があったときには早期に発見して対策することが大切であり、そのためにはデータを時系列扱う (3) などの手法活用が有効である。また、異常が発生した場合には、まず生産停止などの処置を行った後に、その発生原因を追求して対策を行い、その良い状態を標準化することによって (4) を行うことが必要である。

     (3)  (4) の選択肢

    1. 再発防止
    2. 現状打破
    3. 生産停止
    4. パレート図
    5. 管理図
    6. 特性要因図
    7. 連関図

     

  3. 品質水準を高める活動では、 (5) を明確にすることが重要である。その取り組みについて考慮することは、5W1Hを基本に内容を計画し、実行し、結果を確認して、必要な処置を行うという (6) を回すことである。

     (5)  (6) の選択肢

    1. 規格
    2. 管理のサイクル
    3. 三現主義
    4. 改善目標
    5. 5S活動
    6. 標準化
    7. 見える化

 

解答

(1) (2) (3)
(4) (5) (6)

解説

 XXX

(1)、(2)

 XXX

(3)、(4)

 XXX

(5)、(6)

 XXX