技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

QC検定3級問題 プロセス保証①

問題

 工程管理に関する次の文章において、   内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選べ。ただし、各選択肢を複数回用いることはない。

  1. 工程を改善するには、まず何が正常で何が異常なのかを区別しなければならない。このため、作業者が判断できるように判断基準を (1) に記載するとよい。
  2. 工程の異常を早期に発見し対処するためには、工程異常の発生の有無が判断できる品質特性を準備するとよいが、その特性がどのように推移しているかを識別できるようにするために工程の (2) を心掛けるとよい。
  3. 工程の変動を効率よく低減するには、まず変動要素のうち、 (3) に関する情報を得ることがある。
  4. 品質を広義に考えるときに、品質、コストおよび (4) を要素として検討するとよい。

     (1)  (4) の選択肢

    1. 見える化
    2. 量・納期
    3. 文書化
    4. 品質改善
    5. かたより
    6. 作業標準書

     

  5. 異常が発生してからではなく、あらかじめ工程での異常を想定し、その原因に対する対策を考えておくことを (5) と呼ぶ。
  6. 工程の順序、管理項目、管理値、管理方法等を定め文書化する必要があるが、この管理用文書を一般に (6) と呼ぶ。
  7. 人間はミスを犯すという前提に立ち、ミスが起きないように対策することを (7) またはポカヨケと呼ぶ。

     (5)  (7) の選択肢

    1. 工数
    2. 是正処置
    3. 納期
    4. 未然防止
    5. QC工程図
    6. フェールセーフ
    7. フールプルーフ

 

解答

(1) (2) (3) (4)
(5) (6) (7)

解説

 XXX

(1)〜(4)

 XXX

(5)〜(7)

 XXX