読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

SA H21秋 午後Ⅱ 問1

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

要件定義について

 システムアーキテクトは,要件定義において,ユーザ要求をヒアリングし,その要求を正しく理解した上で,システムの要件としてドキュメントにまとめ,ユーザに確認する。 しかし,ユーザから提示された要求に漏れがあったり,ユーザ要求の意味を取り違えたりすると,システムから出力された情報が想定したものと異なったり,必要な情報の提供タイミングが遅くなったりするなど,本来,ユーザが求めているシステムにはならないことがある。したがって,システムアーキテクトは,次のような点に留意して,ユーザ要求をヒアリングし,その要求を正しく理解することが大切である。

  • ユーザから提示された個々の要求に矛盾がないか。
  • ユーザ要求として提示されるべき業務手順や法的な制約などが,ユーザ部門内では自明のこととして,省略されていないか。

 その上で,要件としてまとめるために,対象業務をモデル化したり,ユーザ要求を可視化したりする。その際,ユーザとの認識の相違をなくすために,次のような工夫を行うことが重要である。

  • モデルを分かりやすく表記するためにUMLを用いたり,言葉の定義を統一するために用語辞書を作成したりする。
  • 現行業務とシステム構築後の業務の変更点を明確にするために,両者の対比表を作成する。
  • システムによって実現する機能と運用によって行う作業を明確にするために,業務の流れ,処理のタイミングを記述した業務フロー図を作成する。

 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが要件定義に携わったシステムについて,対象業務の概要とシステム開発の目的を,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べたシステムについて,ユーザ要求を正しく理解するために,あなたはどのような点に留意してユーザ要求をヒアリングし,どのように要件としてまとめたか。800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた要件をまとめる際,ユーザとの認識の相違をなくすために,重要と考え工夫した点について,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 要件定義では,ユーザ要求をヒアリングし,その要求を正しく理解した上で,システムの要件としてドキュメントにまとめ,ユーザに確認する。しかしながら,ユーザ要求に漏れがあったり,ユーザ要求の意味を取り違えたりすると,本来,ユーザが求めているシステムにはならないことがある。
 本問は,ユーザ要求をどのような点に留意してヒアリングし,どのように要件としてまとめたか,また,その要件をまとめる際,ユーザとの認識の相違をなくすために,どのような工夫をしたかを具体的に論述することを求めている。
 本問では,論述を通じて,システムアーキテクトに必要な要求分析能力や要件定義能力を評価する。

採点講評

 全問に共通して,文字の記述が乱雑なものや誤字脱字が目立つもの,論旨がはっきりせず論述内容が理解しづらいものがあった。このような論述では,論述内容を正しく読み取れない場合もあるので,是非留意してもらいたい。また,一般論や問題文の引用に終始するものも目立った。このような論述では,受験者の能力や経験を正しく評価できない場合がある。対象業務との関連や実際の経験を踏まえて具体的に論述してほしい。
 問1(要件定義について)では,ユーザ要求をヒアリングする際の留意点,どのように要件としてまとめたか,まとめる際の工夫についての論述を求めたが,ヒアリングに関する記述がないものや,留意点が不明確なもの,作業の記述に終始しているものが目立った。また,“ヒアリングする際の留意点”,“まとめる際の工夫した点”の記述ではなく,要件定義の内容をそのまま論述したものが散見された。