技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

SA H21秋 午後Ⅱ 問2

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

システムの段階移行について

 企業活動の中心となる販売管理システム,生産管理システム,会計システムなどの基幹業務システムを再構築した場合,これらは一般的に規模が大きいシステムなので一括移行ではなく,段階移行を選択する場合が多い。
 例えば,多数の店舗を保有する企業では,店舗システムを,店舗ごとに旧システムから新システムへ順次切り替える方法をとる。その場合,本部システムは,店舗システムの切替期間中,新旧システムを両方稼働させ,全店舗の切替終了後,旧システムを停止する。
  このような場合は,新旧システムが併存する並行運用期間が発生するので,システムアーキテクトは,その間の対応を検討する必要がある。例えば,データの二重管理新旧システムの機能差異などの課題に対し,次のような対応が必要になる。

  • 日中にマスタファイルのデータの変更を行うとき,新旧システムの両方のマスタファイルの同期を取って変更する必要があるので,一度の変更で両方のマスタファイルを更新する機能を追加する。
  • 全社が新システムに切り替わるまで,新旧システムの機能差異を埋めるための暫定的な対応を行う。

 その際,例えば,次のような工夫を行う。

  • 並行運用期間中だけ利用する追加の機能は,削除する際にほかの機能に影響を与えない方法で実装する。
  • 暫定的な対応を行うとき,基幹業務システムでの対応,EUCによる対応,運用による対応などを組み合わせて,工期,工数を最小限にとどめる。

 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが移行に携わったシステムの概要と,段階移行の方法について,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べたシステムについて,あなたは並行運用期間中の課題をどのように想定し,その課題に対してどのような対応方法を選んだか。その課題,対応方法,選んだ理由を,業務の特性を踏まえて,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた対応方法を実施する上で,重要と考え工夫した点について,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 基幹業務システムを再構築した場合,システム規模を考慮して,段階移行を行うことが多い。その場合,並行運用期間が発生するので,その間のデータの二重管理や新旧システムの機能差異などの課題を想定し,その対応を検討することが必要となる。
 本問は,並行運用期間中の課題をどのように想定し,どのように対応したのか,また,その際,重要と考え工夫した内容について,具体的に論述することを求めている。
 本問では,論述を通じて,システムアーキテクトに必要な移行方式の設計能力を評価する。

採点講評

 問2(システムの段階移行について)では,実際の移行経験を踏まえた,並行運用期間中の具体的な課題と対応方法についての論述を期待したが,単なる移行の経過や,移行の手順を説明している論述が多かった。また,業務の特性を踏まえての記述を求めているにもかかわらず,業務的観点が欠落している論述も散見された。