読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

SA H21秋 午後Ⅱ 問3

◀️ 前へ解答例へ

組込みシステムにおける適切な外部調達について

 システムアーキテクトは,製品開発などの企画書に基づいてシステムの要件を分析し,機能仕様を決定する。また,この機能仕様を実現するための具体的な手段を検討し,最適なアーキテクチャを設計する。この際,ある機能を実現するために,外部調達が必要になることがある。
 例えば,機能を実現するには,自社の保有技術だけでは困難であったり,開発に時間が掛かり過ぎたりすることがある。このようなとき,実現手段として,モジュール,ライブラリ,部品,技術などを外部調達することが考えられる。
 実現すべき機能のどの部分を外部調達するかは,システムのアーキテクチャ設計を踏まえて,調達する部分を適切に選定する必要がある。そのためには,実現すべき機能について更に詳細に機能分割することのほかに,次のような点について分析し,検討することが重要である。

  • コスト
  • 開発スケジュール
  • 性能,信頼性,保守性
  • 将来の再利用性

 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたがシステムアーキテクトとして携わった組込み製品の概要,及び必要な機能の実現手段の検討において発生した外部調達の課題について,製品の特徴や特性を踏まえて,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた外部調達の課題に対して,あなたはどのような点について分析し,検討し,どのような結論に達したかを,本文中の四つの点も含めて,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イの結論に基づいた製品開発が完了したときには,改めて設問イで述べた検討内容及び結論について評価し,その経験を次の開発に活用していくことが重要である。あなたは,取り組んだ外部調達についてどの点をどのように評価し,引き継がれていく経験として何を残したかを,設問イの論述を踏まえて,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 近年の組込みシステムの機能を実現するために必要な技術的背景は広範囲に及び,その内容も高度化してきている。一方,常に開発期間の短縮も求められている。このため開発プロセスの遂行には,外部調達を適切に利用することが重要になってきている。
 本問は,外部調達した経験,実施した開発工程設計,コスト設計,性能設計などと外部調達の関係,外部調達の対象範囲に対して作成した要求仕様及びそれらに対する評価について具体的に論述することを求めている。
 本問では,論述を通じて,システムアーキテクトに必要な外部調達の実施能力を評価する。

採点講評

 問3(組込みシステムにおける適切な外部調達について)では,組込みシステム開発の具体的経験を対象としているが,クライアントサーバシステムにおけるソフトウェアパッケージ開発など組込みシステムの範ちゅうに含まれない対象について論述したものが散見された。外部調達が必要になった背景,外部調達のための分析や検討内容と結論については,具体的で良い論述が多かった。一方,その評価については,採用した方針や検討された案に対する具体的な論述を期待したが,一般論に終始しているものが目立った。