読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

SA H22秋 午後Ⅱ 問1

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

複数の業務にまたがった統一コードの整備方針の策定について

 近年,事業を横断した顧客動向の把握,事業グループ全体での在庫量の適正化などを目的に,複数の業務にまたがった業務改善が行われている。このような業務改善では,複数の業務間で統一的に集計や分析をするために,顧客,仕入先,製品などそれぞれに,統一したコード(以下,統一コードという)を付与することが多い。
 しかし,一般に,業務ごとに利用しているコードは,体系だけでなく,コードを付与している対象や範囲などが異なることも多い。例えば,同じ顧客コードであっても。付与している対象が企業の場合と企業に属する個人の場合がある。また,付与している範囲が契約先だけを対象にしている場合と契約先に加えて契約見込先などを対象にしている場合がある。
 その際,システムアーキテクトは各業務の特性を踏まえ,統一コードの体系,統一コード付与の対象や範囲,個別の業務で利用しているコードとの変換方法など,統一コードの整備方針を策定する。
 統一コードの整備方針の策定では,例えば,次のような視点から現状の業務やシステムを調査する。

  • 現状のコード体系や,コードを付与している対象,範囲の違い
  • 新たなコードを付与することによる,業務やシステムへの影響

 また,与えられたコストと期間で業務改善を実現するために,統一コードの付与を業務改善効果の大きな業務に限定する,あるいはコード変換機能を一元化して既存システムへの影響を排除するなどの工夫をすることも重要である。 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが携わった統一コードの整備方針の策定における,複数の業務にまたがった業務改善の目的と,対象のコードについて,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた業務改善を実現するために,あなたは現状の業務やシステムをどのような視点から調査したか。また,その結果に基づいて,どのような統一コードの整備方針を策定したか。800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた整備方針の策定で,与えられたコストと期間で業務改善を実現するために重要と考え,工夫した点を,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 近年,業務横断での業務改善が増えている。このような業務改善では,複数の業務間で統一的に集計や分析をするために統一したコードを新たに設定することがある。システムアーキテクトは,業務改善を実現するために,全体最適の観点から統一コードの整備方針を策定する。その際,業務改善の目的を達成するだけでなく,与えられたコストと期間について配慮することも重要である。
 本問は,現状の業務やシステムをどのような視点から調査し,どのような統一コードの整備方針を策定したか,また,どのような工夫をしたかについて,具体的に論述することを求めている。論述を通じて,システムアーキテクトに必要な業務やシステムの分析能力,仕様の調整能力などを評価する。

採点講評

 全問に共通して,具体性があり,経験に基づいた論述が多かった一方,“論述の対象とする計画又はシステムの概要”,“論述の対象とする製品又はシステムの概要”が適切に記入されていないので評価を下げた論述が相当数あった。また,問題文を引用しているだけなど具体性に乏しい論述や,各設問で整合の取れていない論述が散見された。このような論述は,受験者の能力や経験を正しく評価できない場合があるので,実際の経験に基づき設問に沿って具体的に論述してほしい。
 また,論述は第三者に読ませるものであることを意識してほしい。例えば,段落を分けることで何についての記述なのかを明確にする,業界特有の用語は説明を入れるなど,考えを的確に伝えるための工夫をしてほしい。
 問1(複数の業務にまたがった統一コードの整備方針の策定について)では,具体性があり,経験に基づいたと思われる論述が多かった。設問では,業務改善の目的,調査の視点,業務改善実現のための工夫などの論述を求めたが,業務改善のためではなくコードの統一自体を目的にするものや,業務と無関係にけた数などを調査しただけのもの,工夫点が業務改善と関係の薄いものが目立った。システムアーキテクトは,業務を理解して情報システムの構造を設計する役割をもつので,業務の視点からの論述を期待したが,そのような論述は少なかった。